> 西国分寺哀の検索結果

西国分寺哀 の検索結果

連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【62】

有終の美を飾り、なお磐石――世界中の『麻衣』よりきっと

―― 「乃木坂46なら、生田絵梨花か秋元真夏っスね~」

有終の美を飾り、なお磐石――世界中の『麻衣』よりきっと
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【61】

多部未華子降板はNHKのせい?――『多部』は経費で堕ちません

―― ここ数年、朝ドラを視聴することが日課となり、それをキッカケに受信料を払うようになったため、NHKには割と好意的に向き合ってきた私だ。

多部未華子降板はNHKのせい?――『多部』は経費で堕ちません
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【60】

もはや“浜崎あゆみ”は襲名制にすべき? アユの『安斉』物語

―― 「どうするんだ? この先……」

もはや“浜崎あゆみ”は襲名制にすべき? アユの『安斉』物語
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【59】

別居はどちらが悪いという話ではない?――そんな『敦子』に騙されて

―― 「女性セブン」(小学館)7月9日号にて「前田敦子と勝地涼の別居生活」が報じられた。これを皮切りに他誌もこぞって「スピード離婚か?」などと色めきたっている。

別居はどちらが悪いという話ではない?――そんな『敦子』に騙されて
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【58】

いずれ夫人になっていく?――『彩芽』の恋の物語

―― この連載の暗黙のルールとして、「同じ人は2度、取り上げない」というのがある。そうしないと、よくトラブルを起こす人は何度も取り上げることになってしまうからだ。2~3度ならまだしも、4度、5度となってくる...

いずれ夫人になっていく?――『彩芽』の恋の物語
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【57】

人はなんにでもなれる?――アンタ『唐田』の何なのさ

―― 「杏さんが好きなのか、唐田さんが好きなのか」 かつて、ここまで簡単な二択があっただろうか?

人はなんにでもなれる?――アンタ『唐田』の何なのさ
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【56】

東出バッシングはほどほどに?――必ず最後に『杏』は勝つ

―― 年末か年始だったか、ワイドショー番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で、「2020年の芸能スクープ大予想」みたいなコーナーがあった。芸能リポーターたちが特ダネをクイズ形式で出題。それを出演...

東出バッシングはほどほどに?――必ず最後に『杏』は勝つ
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【55】

不倫“新時代”の夜明け、来たる?――増田と『鷲見玲奈』のラブゲーム

―― 「週刊文春」がテレビ東京のアナウンサー・鷲見玲奈と同局の先輩アナで既婚者である増田和也との不倫疑惑を報じた。酔った2人はカラオケBOXで“一線”を越えてしまったそうで、その動画もあるという。“一線”っ...

不倫“新時代”の夜明け、来たる?――増田と『鷲見玲奈』のラブゲーム
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【54】

とばっちりで笑いのタネにされる――『片瀬那奈』の純真

―― 沢尻だと思った? 今回、沢尻エリカでいくと思ったっしょ!? 「エリカ様ー!」(「卑弥呼さまー!」のテンションで)とか言っちゃう感じで。

とばっちりで笑いのタネにされる――『片瀬那奈』の純真
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【53】

もうglobe再始動しかない?――KEIKOとマナブ

―― 「『今月は木下優樹菜、道端アンジェリカなど話題は豊富だったが、全然大丈夫じゃないマイ・フレンドだった。背負いきれないよ~』みたいな書き出しでいいんじゃないですか」

もうglobe再始動しかない?――KEIKOとマナブ
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【52】

悲劇のヒロインは再起できるか?――『山口真帆』がいるだけで

―― 元NGT48の山口真帆が事務所を研音に移籍し、再スタートを切った。例の暴行事件で悲劇のヒロインのイメージだったが、ここへきて「嘘をついていた」的な情報が出てきている。事件の全貌は複雑だから各自検索して...

悲劇のヒロインは再起できるか?――『山口真帆』がいるだけで
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【51】

本当にちゃんともてなせるのか?――なんとなく、『クリステル』

―― 先日、家の近所を散歩中、とある飲み屋の看板が目に入った。「熟女BAR~O・MO・TE・NA・SHI~」

本当にちゃんともてなせるのか?――なんとなく、『クリステル』
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【50】

求められるのは気遣いのできる国民性?――『奈々子』が一番大事

―― 7月24日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、結婚を発表した藤崎奈々子。ところが、その演出方法について批判が殺到している。この日は“緊急生放送”と銘打ち、「千葉に住む有名人が結婚発表」な...

求められるのは気遣いのできる国民性?――『奈々子』が一番大事
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【49】

元気な熊田を見てみたい――愛しさと切なさと『熊田曜子』と

―― 熊田曜子に関していえば、20代の頃より三児の母となった今のほうが断然好みだ。痩せているというより「やつれた?」と思わせる危うげなボディ。そこに子育てや結婚生活といった日々の疲れが色気となって滲み出てい...

元気な熊田を見てみたい――愛しさと切なさと『熊田曜子』と
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【48】

『川栄李奈』だけじゃなく、元カノにも幸せになってほしい――川栄ベイビー

―― 「いや~、廣瀬智紀の刀剣が乱舞しましたな~」そんな、おっさんらの下衆な居酒屋トークがはばかられるほど、元AKB48で女優・川栄李奈と『映画刀剣乱舞』等で活躍中の俳優・廣瀬智紀の結婚&妊娠発表は、世間か...

『川栄李奈』だけじゃなく、元カノにも幸せになってほしい――川栄ベイビー
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【47】

お花見デートはアウト? セーフ?――『赤江珠緒』は冷たい芝生の上に

―― 数年前、春先に公園を散歩していたら、突如現れたドーベルマンみたいな黒い犬に追いかけまわされたことがある。飼い主が、うっかりリードを手から離してしまったがゆえの悲劇だ。

お花見デートはアウト? セーフ?――『赤江珠緒』は冷たい芝生の上に
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【46】

夢を与え続けてくれるアイドル『後藤真希』――いつかゴマキと朝帰りッ

―― アイドルとは、我々庶民に夢を与えてくれる存在でなくてはならない。そういう意味で後藤真希は、今や二児の母親でありながら、夢を与え続けてくれる稀有な存在だ。

夢を与え続けてくれるアイドル『後藤真希』――いつかゴマキと朝帰りッ
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【45】

野際陽子に匹敵する逸材?――いつも『宇垣美里』に恋してるッ

―― 仕事柄、テレビはわりと見るほうだ。なんなら各局満遍なくチェックしている自負もあった。だがどうやら私は、知らぬ間に「TBSを見ない大人」になってしまったようである。

野際陽子に匹敵する逸材?――いつも『宇垣美里』に恋してるッ
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【44】

崩壊する“恭子神話”……深キョン熱愛ショック!『恭子』から俺は!!

―― フリーアナウンサーの内田恭子、バルセロナ五輪平泳ぎの金メダリスト岩崎恭子、そして、女優の深田恭子。これが私の中の「日本・三大恭子」である。

崩壊する“恭子神話”……深キョン熱愛ショック!『恭子』から俺は!!
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【43】

軽率に「かわいい」と口にできる隙が欲しい――いとしの『戸田恵梨香』

―― ドラマ『大恋愛』(TBS系)が好評。NHK朝ドラのヒロインに抜擢。その間に過去のインスタ全削除、成田凌との破局があり、何かと動向が注目される女優・戸田恵梨香。同作で共演したムロツヨシとは何もないようで...

軽率に「かわいい」と口にできる隙が欲しい――いとしの『戸田恵梨香』
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【42】

手垢まみれの「今まで生きてきた中で一番幸せです」というフレーズ――『恭子』のキスを数えましょう

―― もはや不倫ではない!

手垢まみれの「今まで生きてきた中で一番幸せです」というフレーズ――『恭子』のキスを数えましょう
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【41】

英語力を気にする意外な一面にギャップ萌え――【ダレノガレ】は突然に

―― 今年8月、「ハリウッド女優を目指して渡米する」と宣言したダレノガレ明美。来年にも活動の拠点を移すぐらいの言いっぷりだったが、そのわずか2カ月後「日本メガネベストドレッサー賞」の表彰式にて「英語が追いつ...

英語力を気にする意外な一面にギャップ萌え――【ダレノガレ】は突然に
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【40】

“朝ドラ保守派”は「朝ドラ革命」を受け入れられなかった?――振り返れば【芽郁】がいる

―― ロスである。三浦和義「ロス疑惑」のロスではない。NHK連続テレビ小説『半分、青い。』ロスなのだ。

“朝ドラ保守派”は「朝ドラ革命」を受け入れられなかった?――振り返れば【芽郁】がいる
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【39】

「いつまでも 見られると思うな 吉岡の肌」――【吉岡里帆】を脱がさないで

―― 吉岡里帆がたたかれている! なぜだ!?

「いつまでも 見られると思うな 吉岡の肌」――【吉岡里帆】を脱がさないで
第1特集
ピタピタのヨガウェアがエロい!?【1】

土屋太鳳に桐谷美玲、菅野美穂まで!――さや姉のエロいグラビアも!? ヌケる“筋トレグラビア”考

―― ここ数年の健康ブームもあってか、筋トレやヨガをテーマにした雑誌はたくさんある。その中で見られるヨガウェアがエロいという男性の目線もあるようだ。実際に、AVでもこのジャンルは存在する。筋トレ雑誌の“エロ...

土屋太鳳に桐谷美玲、菅野美穂まで!――さや姉のエロいグラビアも!? ヌケる“筋トレグラビア”考
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【38】

むしろ迷走してこそブレてない?――紅に染まった朋ちゃんを慰める奴はもういない

―― 「ヒューヒュー!」 このフレーズを聞いて、アナタは誰を思い浮かべるだろうか?

むしろ迷走してこそブレてない?――紅に染まった朋ちゃんを慰める奴はもういない
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【37】

選抜総選挙というシステムがモンスターを生み出した?――珠理奈に傷心(ハートブレイク)

―― ついにAKB48というグループが、いや、選抜総選挙というシステムが、モンスターを生み出してしまった。今年の総選挙で念願の1位を獲得したSKE48・松井珠理奈その人である。

選抜総選挙というシステムがモンスターを生み出した?――珠理奈に傷心(ハートブレイク)
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【36】

恋愛経験は無いよりあったほうが良い――【西野七瀬】ふたたび……?

―― 「トーシロは黙ってろや!」  担当編集とLINEのやりとりをしている最中、私は思わず声を荒らげ、いしだ壱成のツイートばりの暴言を吐いた。今回のマイフレンドを誰にするか決めていたところである。ローラ、倉...

恋愛経験は無いよりあったほうが良い――【西野七瀬】ふたたび……?
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【35】

初スキャンダルが不倫じゃなくて本当によかった――【彩芽】とスキャンダル

―― 台無しじゃん! 全部台無しじゃん!! 剛力彩芽の初スキャンダルの話である。「女性セブン」(小学館)5月10・17日号にて、ZOZOTOWN・前澤友作氏との車中デートを報じられたわけだが、同タイミングで...

初スキャンダルが不倫じゃなくて本当によかった――【彩芽】とスキャンダル
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【34】

出会ったのが独身中年男性だったら、なんの問題もなかった――【由美子】の夢は夜ひらく

―― 20世紀最後の正統派アイドル――。 高橋由美子、デビュー当時のキャッチフレーズである。「週刊文春」3月22日号に掲載された一般人男性との不倫報道のせいで、30年近くたった今、このキャッチフレーズが皮肉...

出会ったのが独身中年男性だったら、なんの問題もなかった――【由美子】の夢は夜ひらく
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【33】

リベンジするには、「西内秋名」に改名すべし!?――2018年の【まりや】

―― 今さら説明するのもなんだが、この連載は、炎上やバッシングを受けている女性有名人を擁護して、あわよくば心の隙間に入り込んでやろうと妄想する企画である。

リベンジするには、「西内秋名」に改名すべし!?――2018年の【まりや】
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【32】

一連の卒業騒動は、「普通の女の子の生活」の第一歩?――愛のままにわがままに僕は【杏果】だけを傷つけない

―― 引退ではなく卒業。 1月21日のライブをもって、ももいろクローバーZおよび芸能界から“卒業”した有安杏果。本人いわく、今後何かしらの表現活動をする機会があった場合、「引退」としてしまうと足かせになると...

一連の卒業騒動は、「普通の女の子の生活」の第一歩?――愛のままにわがままに僕は【杏果】だけを傷つけない
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【31】

人が変わるために必要なのは、「好きな人がいること」?――私と【美玲】を連れてって

―― 山﨑賢人じゃないのか! 桐谷美玲と三浦翔平の交際に関して、そう思ったのは私だけだろうか? もちろん「お似合い」「うらやましい」、もしくは三浦のチャラ男イメージに「美玲ちゃんが心配」などと賛否両論あるの...

人が変わるために必要なのは、「好きな人がいること」?――私と【美玲】を連れてって
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【30】

もはや「ちゃん」ではなく「先輩」――【安室奈美恵】を愛してマスカット

―― 歌手・安室奈美恵の引退発表に日本中が揺れた。ファンの人もそうでない人も、一時代を駆け抜けた歌姫の引退を、惜しみ、悲しみ、そしてこれまで勇気づけられてきたことに感謝するなど、さまざまな思いが交錯している...

もはや「ちゃん」ではなく「先輩」――【安室奈美恵】を愛してマスカット
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【29】

計算高いからカワイイ【小島瑠璃子】――こじるり!……好きになってもいいですか?

―― ああ……そんなことしたら、また女子に嫌われちゃうよ。41歳、独り身である己の失態を嘆いているわけではない。こじるりこと小島瑠璃子の話だ。

計算高いからカワイイ【小島瑠璃子】――こじるり!……好きになってもいいですか?
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【28】

だらしなさが、実に人間臭くていい――【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ

―― わ~た~し~♪愚かな~♪女~の~子で~すか~♪斉藤由貴の代表作『スケバン刑事』(フジテレビ系)のエンディング曲にして、セカンドシングル「白い炎」の一節である。当時小学3年生だった私は、まさか32年の時...

だらしなさが、実に人間臭くていい――【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【27】

【市川紗椰】の成長を見守る醍醐味――『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?

―― フジテレビの報道番組『ユアタイム』が、9月で終了するという。個人的には、喜多嶋舞の代表作が『はなきんデータランド』(テレビ朝日系)であったように、菊川怜の代表作が 『とくダネ!』(フジテレビ系)であっ...

【市川紗椰】の成長を見守る醍醐味――『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【26】

アリスとの仲が心配だけど、俺が「大丈夫」って言えばすずはきっと大丈夫で

―― 広瀬アリスとすず、どっちが人気あるの?今、この質問をされて、正確に答えられる人がいるだろうか?

アリスとの仲が心配だけど、俺が「大丈夫」って言えばすずはきっと大丈夫で
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【25】

ちょっと存在感がかすんじゃったけど、【渡辺麻友】は、AKB48を卒業しまゆゆー!

―― まゆゆこと、渡辺麻友の卒業がかすんでいる。先日行われた『AKB48選抜総選挙』で2位となり、満を持しての卒業発表のはずだった。しかし、指原莉乃の3連覇、そして何より20位であるNMB48・須藤凜々花の...

ちょっと存在感がかすんじゃったけど、【渡辺麻友】は、AKB48を卒業しまゆゆー!
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【24】

声を大にしていいたいのは、「まずは、おめでとうでしょ」……だけど逃げるは恥だぞ【菊川怜】

―― 菊川怜の結婚にケチがつきまくっている。まず、自身がキャスターを務めるフジテレビ『とくダネ!』で、結婚の報告をしたところ、番組内の演出で用意された「祝 脱・独身」という垂れ幕に対して、ネット上ではセクハ...

声を大にしていいたいのは、「まずは、おめでとうでしょ」……だけど逃げるは恥だぞ【菊川怜】
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【23】

佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く

―― 4月9日、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)において、アンジャッシュ・渡部建(44)と女優・佐々木希(29)の結婚が発表された。この報を受けて「40歳過ぎても若くてカワイイ娘と結婚できるんだ!...

佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【22】

今回の離婚で、男性人気は格段に上がったのではないだろうか――【小倉優子】は二度産む

―― 人妻であろうとも、子どもが3人できるまでは、恋愛対象になりうる――。恋多き哲学者ジャン=ポール・サルトルが、そんなことを言ったかどうかは知らないが、40代未婚の私がたどり着いた境地である。

今回の離婚で、男性人気は格段に上がったのではないだろうか――【小倉優子】は二度産む
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【21】

「お話があります」――清水富美加ですが、明日出家します

―― 「お話があります」周囲の人間からこう切り出された場合、大抵ロクな話ではない。ほとんどが「辞めたい」「別れたい」といった類のものだ。だが今回、ここに「出家したい」という新たなラインナップが追加された。

「お話があります」――清水富美加ですが、明日出家します
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【20】

伝説のパンクロッカーとの不倫がほのめかされるも…【マギー】ぼくが応援するって決めたらどんな顔するだろう

―― 「今回はマギーでいきましょう」平穏な日常は、担当編集からのLINEでもろくも崩れ去った。

伝説のパンクロッカーとの不倫がほのめかされるも…【マギー】ぼくが応援するって決めたらどんな顔するだろう
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【19】

職場で不倫って興奮するよね。田中萌アナに告ぐ…MoeにKoiする5秒前

―― 職場で不倫って興奮するよね。

職場で不倫って興奮するよね。田中萌アナに告ぐ…MoeにKoiする5秒前
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【18】

紅白落選を本気で悔しがる【和田アキ子】の健勝を祈る! 「アッコさ~ん アッコさ~ん すきすき~」

―― 二十歳そこそこのAKB48の娘たちが「世代交代のため」と言ってグループを卒業する一方、『NHK紅白歌合戦』に30回、40回と、さんざん出たおしたあげく「世代交代」などと言って「紅白卒業」を宣言する演歌...

紅白落選を本気で悔しがる【和田アキ子】の健勝を祈る! 「アッコさ~ん アッコさ~ん すきすき~」
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【17】

看護師に嫌われても【石原さとみ】のことは嫌いにならないでください!

―― 最初からカワイイな、素敵だなとは思っていた。でも、ただそれだけ。ちょっと気になるクラスメイト、そんな感じ。でも、いつの頃からだろう、彼女の存在は、僕の心の大半を占めるようになっていた……。

看護師に嫌われても【石原さとみ】のことは嫌いにならないでください!
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【16】

ファンの要求にこたえて進化し続けてきたのになぜ叩く!? 【あゆ】があゆであるために

―― 10代の頃からヒップホップばかり聴いている私のCD棚には、1枚だけ浜崎あゆみのシングル「Depend on you」が並んでいる。24歳の誕生日に、ある女の子からプレゼントされたものだ。

ファンの要求にこたえて進化し続けてきたのになぜ叩く!? 【あゆ】があゆであるために
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【15】

山田哲人との一件、ヤクルトファンが騒ぐのであれば、チェキッ娘ファンだって黙ってないぞ!【熊切あさ美】に花束を

―― 「女性セブン」9月1日号にて報じられたタレント・熊切あさ美(36)と東京ヤクルトスワローズ・山田哲人(24)との“お泊まり愛”。

山田哲人との一件、ヤクルトファンが騒ぐのであれば、チェキッ娘ファンだって黙ってないぞ!【熊切あさ美】に花束を
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【14】

これからの"のん"時代を愛していきます――【能年玲奈】と呼ばないで

―― 長年私は、“名前”というものに対してこのスタンスをとり続けていた。とにかく、人の名前が覚えられない。

これからの
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』