サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【41】/【ダレノガレ】は突然に
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【41】

英語力を気にする意外な一面にギャップ萌え――【ダレノガレ】は突然に

+お気に入りに追加

『ダレノガレ明美』

1812_P114_img001_200.jpg

日本テレビ系『行列のできる法律相談所』にて「ハリウッド女優を目指し渡米する」と発表したダレノガレ明美。その後、自身の英語力のなさを理由に断念したと報じられるも、本人は延期と主張。ただ、世間はそうは見てくれませんから~! 断念!!(波田陽区で)

 今年8月、「ハリウッド女優を目指して渡米する」と宣言したダレノガレ明美。来年にも活動の拠点を移すぐらいの言いっぷりだったが、そのわずか2カ月後「日本メガネベストドレッサー賞」の表彰式にて「英語が追いつかないから、5年後、10年後くらいになるかも」とあっさり撤回。その軽はずみな言動に世間も呆れ気味だ。ちなみに「賞もらうほどメガネかけてたっけ?」と思うかもれないが、今回はサングラス部門での受賞である。なんかそういうところは、すでにハリウッド女優っぽいからあなどれない。

 最近では、藤田ニコルが“おバカキャラ”から“お姉さんキャラ”への路線変更を進めており、おそらく彼女も同じ方向性を目指していたと思われる。しっとりとした、大人の雰囲気に変わりつつあったのは確かだ。そこでもうひとつハクをつける意味での「ハリウッド女優」だったのだろう。きっかけが映画『オーシャンズ8』を観てというのが少々バカっぽいが。まあ、若者が語る夢なんてのは、得てしてそんないい加減なものである。

 意外だったのが、そこまでカマしておいて「英語力を気にするんだ」といった慎重な面があったことだ。てっきり「話せないけどなんとかなるっしょ」みたいなノリかと思っていただけに、そのギャップにはいささか萌えた。そして、萌えたと同時に安心した。時に大衆は無謀な挑戦の末のサクセスストーリーを望むが、実際はかなりリスキーだからだ。

 中学時代、同級生にボクシングをやっている奴がいたのだが、たかだか田舎のジムに通っているだけのレベルで「この星の一等賞になりたいの、ボクシングで俺は」みたいなことを言い出し、なぜか沖縄のボクシング名門高校に進学を決めた奴がいた。クラスも違ったのでそれほど親しいわけではなかったが、後日聞いた話によると、沖縄に発つ際には駅にクラスメイトが横断幕持参で大挙し、その男に思いを寄せていた女子は涙ながらに「待ってるから」とホームで熱い抱擁を交わしていたという。そんな一世一代の見送りを受けた彼だが、名門校のハードなシゴきに1カ月で音を上げ、早々に地元に引き返してきた。その時から今に至るまで、中学時代の友人と顔を合わすことがないそうだ。夢に翻弄され、猪突猛進に飛び込んだ顛末がこれである。

 だいたいローラだってね、「世界進出!」とかいう触れ込みで、映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』に出るって言って、そこそこの主要キャストみたいな空気を出してたわけじゃない。んでふたを開けてみたら、セリフが2つくらいのちょい役もちょい役で、なんかイジるにイジれない感じになっているというか……。それに比べたらダレノガレのほうが、イジりがいはあるし傷も浅い。そう考えると、今回は断念しておいてよかったとすら思えてくる。

 まあ、この件に関して芸能界の先輩方がとやかく言うのは仕方ない。だが、一般人までもが苦言を呈すのはいかがなものか。いくら今回、ダレノガレが失態を演じたとはいえ、彼女はタレントをやりながら健康食品や化粧品などのプロデュース業で年収6000万円以上を稼ぎ、家賃130万円の高級マンションに住む成功者なのだ。そんな彼女に「家賃5万円の6畳1間で、楽しみは月に2回の立ち飲みです」みたいな庶民が、何を偉そうに意見できるというのだろう。

 親孝行で母親にクレジットカードをプレゼントしちゃうような娘だよ。「好きに使っていいよ」なんて言いながら。あなたたちにできますか? そんなこと。よくてプリペイドカードぐらいでしょ。なんなら「近くのコンビニエンスストアでiTunesのプリペイドカードを買うのを手伝ってもらえます?」って頼んじゃったりするんじゃないの、ラインでさ。見ず知らずの他人の老親に。「購入して番号を送って」とか言って。

 そんな「騙されるより騙す側でありたい」みたいな、というか、むしろ「騙されてプリペイドカードを買いにきた老人を止めるコンビニ店員」でありたいといった、この局面においても当事者ですらありたくないという「でもオイシイとこだけは欲しいんです!」みたいな小賢しい人たちに説教する資格なんてありません!

 なんか微妙に話がそれたが、彼女の言動や事業などを見ていると意外と「慎重・堅実」な面が見えてくる。本人は今回の件を“断念”ではなく“延期”と反論しているが、一度口に出してしまったこととはいえ、性格に合わないことを無理に進めなくてもいいんじゃないかと思うのだ。凛とした佇まいでハリウッド女優として活躍する彼女も見てみたいが、とんねるずの番組で、落とし穴に落とされて、パンツ丸出しでリアクションしているダレノガレちゃんも好きだなー、おじさんは。あと、ペニオクみたいなのはやらないようにね。

西国分寺哀(にしこくぶんじ・あい)
英語は「ペンパイナッポーアッポーペン」レベルの42歳独身男性。若い頃、駅のホームで白人女性に「カッコいいね!」と突然指をさされたことがある。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論