サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【58】/【彩芽】の恋の物語
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【58】

いずれ夫人になっていく?――『彩芽』の恋の物語

+お気に入りに追加

『剛力彩芽』

2006_gouriki_img_200.jpg

「週刊文春」4月30日号にて剛力彩芽と前澤友作氏の復縁が報じられた。前澤氏は今年2月、新会社スタートトゥディや関連会社の社員を前に、剛力との復縁を宣言したとのこと。こういうとき、社員はどういう顔して聞いていればいいんだろうね。

 この連載の暗黙のルールとして、「同じ人は2度、取り上げない」というのがある。そうしないと、よくトラブルを起こす人は何度も取り上げることになってしまうからだ。2~3度ならまだしも、4度、5度となってくると、それはもうトラブルというか、虎舞竜なわけで、『ロード~第五章』みたいなことになってしまう。いつまで続くんだと。一度、第十三章で終わったはずなのに、2017年に第十四章が追加されているのである。そんな終わりなき道程に付き合う暇はないのだ。

 とはいえ、なんせこのコロナ禍である。目新しい情報がなかなか入ってこない。そこで今回はそんな縛りなど無視して「過去に取り上げた人も選択肢に入れてきましょうや」ということなのだが、そのタイミングで流れてきたのが「週刊文春」(文藝春秋)4月30日号の「剛力彩芽、前澤友作氏と復縁」報道だ。「週刊新潮」(新潮社)4月16日号の「杏、母親と裁判で骨肉の争い」も捨てがたいが、杏は前々回取り上げているわけで、しかも前回は唐田えりかだったのである。ここでもう一度杏を取り上げると、唐田が杏に挟まれる格好となり、オセロの理屈でいくと“唐田が杏になってしまうかもしれない”という不安に駆られる。そんな「杏が唐田で唐田が杏で」みたいなことを回避するためにも、ここは剛力の復縁話で皆さまのご機嫌をうかがおうと思うのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』