サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【58】/【彩芽】の恋の物語
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【58】

いずれ夫人になっていく?――『彩芽』の恋の物語

+お気に入りに追加

『剛力彩芽』

2006_gouriki_img_200.jpg

「週刊文春」4月30日号にて剛力彩芽と前澤友作氏の復縁が報じられた。前澤氏は今年2月、新会社スタートトゥディや関連会社の社員を前に、剛力との復縁を宣言したとのこと。こういうとき、社員はどういう顔して聞いていればいいんだろうね。

 この連載の暗黙のルールとして、「同じ人は2度、取り上げない」というのがある。そうしないと、よくトラブルを起こす人は何度も取り上げることになってしまうからだ。2~3度ならまだしも、4度、5度となってくると、それはもうトラブルというか、虎舞竜なわけで、『ロード~第五章』みたいなことになってしまう。いつまで続くんだと。一度、第十三章で終わったはずなのに、2017年に第十四章が追加されているのである。そんな終わりなき道程に付き合う暇はないのだ。

 とはいえ、なんせこのコロナ禍である。目新しい情報がなかなか入ってこない。そこで今回はそんな縛りなど無視して「過去に取り上げた人も選択肢に入れてきましょうや」ということなのだが、そのタイミングで流れてきたのが「週刊文春」(文藝春秋)4月30日号の「剛力彩芽、前澤友作氏と復縁」報道だ。「週刊新潮」(新潮社)4月16日号の「杏、母親と裁判で骨肉の争い」も捨てがたいが、杏は前々回取り上げているわけで、しかも前回は唐田えりかだったのである。ここでもう一度杏を取り上げると、唐田が杏に挟まれる格好となり、オセロの理屈でいくと“唐田が杏になってしまうかもしれない”という不安に駆られる。そんな「杏が唐田で唐田が杏で」みたいなことを回避するためにも、ここは剛力の復縁話で皆さまのご機嫌をうかがおうと思うのだ。

 それにしても今回の復縁、デート現場を撮られたのが4月19日で、本来なら「外出自粛なのに!」と批判の声があがりそうだが、世間も拍子抜けしたのか、普通に「復縁」のほうに興味がいっていたように思う。また面白いのが、「否定はしないけど、諸手をあげて祝福はしづらい」という空気感だ。余計なお世話だが「女優としてのキャリアを考えると、それでいいのか?」というモヤモヤ。前澤氏は別に悪い人じゃないのだが、一緒にいると剛力の個性が死んじゃっているような気がしてならない。前に付き合っていたときも彼女のインスタにはノロケっぽい写真があがるばかりで、「前澤社長に剛力ダンス踊らせてみた」的な動画をアップする気配すらなかったのだから。

 19年11月に破局した際には、周囲もそれなりに受け止めていたように思う。「とりあえず一区切り」というか、「いい経験だったよね」みたいな。で、「この経験が女優業にどう生かされていくのか?」と期待していた矢先の復縁だっただけに、正直ガッカリ感はある。まあ、それも見ている側の勝手な意見なのだが、彼女にしてみれば「好きな人と一緒にいて何が悪いの?」という思いだろう。確かに何ひとつ悪いことはしていない。不倫でも浮気でもなく、なんなら「一度離れたからこそ、その大切さに気がついた」という、湘南乃風の歌詞に出てきそうなくらいの純愛だ。そこにおいて、やれ女優としてのキャリアがどうとか言うほうが無粋なのかもしれない。

 そう考えると、なにも剛力を女優という枠に縛りつける必要はないのだ。例えば、破局直後に出演した『グータンヌーボ2』(関西テレビ系)で、彼女は前澤氏についてこう語っている。「すっごい子ども、超ピュアだし、本当に小学生がそのまま大人になった感じの人」。

 確かに見ず知らずの人に「100万円あげる」とか、「月旅行いきてー!」というのは小学生の発想だ。ただ、我々のような凡人が同じセリフを口にしても、実現できる財力も実行力もない。人はそうやって現実と折り合いをつけて大人になっていくのだ。しばしば恋愛市場において“成功者”とは対局で語られる“少年の心を持っている”というセールスポイントは、実は“成功者の証”であるということに彼女は気づかせてくれたのである。これは、女優業ではなかなか伝えられない真理だ。

 復縁して結婚するかどうかはわからないが、ここまできたら前澤氏と共にいることで得た“気づき”を我々に発信していくという「夫人としての立ち位置」を目指してみてはどうだろう。「そんなサブ的ポジションでいいの?」と侮ってはいけない。そもそも我々は、デヴィ夫人がインドネシアのスカルノ大統領夫人であったことなどすっかり忘れているほどに、存在としての“デヴィ夫人”を受け入れてしまっているではないか。もはや“夫人”はひとつのジャンルであり個性だ。

 剛力も最初のうちはおとなしくしているかもしれないが、そこは女優。そのうち欲が出てくるだろう。なんならセレブを堂々とひけらかしていけばいいのである。収録現場では「自家用ジェットで来ました~」とほほ笑み、食えない役者がいれば「パンがなければ『ランチパック』を食べればいいじゃない」と高笑う。前澤氏と一緒だと個性が死んでしまうと言ったが、ここへきてようやく彼女は輝きを取り戻せるのだ。はっちゃけすぎたとしても、安倍昭恵夫人みたいにはならないから大丈夫だろう。本来それぐらいの“じゃじゃ馬感”が剛力彩芽の魅力なのだから。

西国分寺哀(にしこくぶんじ・あい)
外出自粛の運動不足解消に「剛力ダンス」レッスンの動画をあげれば、バズるのではないかと睨んでいる40代独身男性。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ