サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【30】/【安室奈美恵】を愛してマスカット
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【30】

もはや「ちゃん」ではなく「先輩」――【安室奈美恵】を愛してマスカット

+お気に入りに追加

『安室奈美恵』

1801_P096_200.jpg

9月20日、自身のHPで来年9月16日に引退することを発表した歌手の安室奈美恵。引退に向けて「MAXとの共演あるか?」という声も上がっているが、個人的には『ポンキッキーズ(フジテレビ系)時代に鈴木蘭々とやっていたシスターラビッツの復活を望んでいる。


 歌手・安室奈美恵の引退発表に日本中が揺れた。ファンの人もそうでない人も、一時代を駆け抜けた歌姫の引退を、惜しみ、悲しみ、そしてこれまで勇気づけられてきたことに感謝するなど、さまざまな思いが交錯している。そんな中、私が安室ちゃんの引退について感じるのは「悲しみ」でも「感謝」でもなく、ただ「恥ずかしい」という気持ちである。

 安室ちゃんなどと気安く呼んでいたから気づかなかったが、彼女は私の1コ下。今さらながら「1歳しか違わないのか……」という事実に愕然としている。

 例えば、羽生結弦とか大谷翔平ぐらい年が離れていると「いや~天才ってのはスゴいね~」などと大人ぶった態度で負けを認めながらも、どこか別次元のこととしてとらえてしまいがちだ。だが、これが同年代となってくると「俺は今まで何をやっていたんだろう……」と焦るというか、急に「こんな自分が恥ずかしい」という気持ちになってくる。もっと早く気づけよという話ではあるが、若い頃は「メジャーなものは避ける」というサブカルクソ気質だった私は、安室ちゃんが売れてくるとMAXのほうに興味がいってしまい、安室ちゃんのことは「そこそこ年下の女の子」という印象で止まっていたというのが正直なところだ。

 ただまあ、気づいていたところで20年以上前からその差は歴然なわけで、安室ちゃんが19歳の頃、すでに「SWEET 19 BLUES」で人気は絶頂。私の19歳の頃といえば、現役での大学受験に失敗し、事態を重く見た両親がなぜか、縁もゆかりもない土地に私を送り込み、ひとり浪人生活を送っていた時期だ。「もうすぐ大人ぶらずに 子どもの武器も使える いちばん旬なとき」を棒に振っていたのである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』