サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【57】/アンタ【唐田】の何なのさ
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【57】

人はなんにでもなれる?――アンタ『唐田』の何なのさ

+お気に入りに追加

『唐田えりか』

2005_nishikokubunji_P134_958405004_200.jpg
(Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images)

3月17日、東出昌大が不倫・別居報道後、初の公の場に姿を現し一連の騒動について謝罪。一方、不倫相手の唐田えりかは、いまだ姿を見せることもなく所属事務所も連絡を取れていないという。新型コロナのこともあるし、今は出てこないほうがいいと思う。

「杏さんが好きなのか、唐田さんが好きなのか」

 かつて、ここまで簡単な二択があっただろうか? 女優・唐田えりかとの不倫を発端に妻で女優の杏と「別居中」と報じられた俳優・東出昌大が、騒動後初の公の場でリポーターから投げられた質問だ。

 本来、二択というのは「ウンコ味のカレーか、カレー味のウンコか」であるとか、「セクシーなの? キュートなの? どっちが好きなの?」と選択に悩むものである。ただ、今回の場合は簡単だ。腹をくくって正直な気持ちを打ち明けるか、体裁を気にして嘘をつくか、自分のさじ加減ひとつなのだから。だが、彼はしばらく悩んだ末「私の心の内を話し、それを妻がテレビを見てということは必ず傷つけてしまう。お答えできません」と回答。「二択だから、どっちか答えなきゃいけない」という固定概念をぶち壊してくれたのである。

 そんななか、僭越ながら今回私が選ぶのは、唐田えりかである。ぶっちゃけ、前回は杏を取り上げているわけで、それこそ「杏さんが好きなのか、唐田さんが好きなのか」という話なのだが、そう聞かれたら「どっちも好き」としか言いようがない。逆に「杏さんと唐田さんは、ボクのこと好き?」と聞いてみたいくらいだが、そんなことはかなうわけがないとわかるくらいには大人だ。ただまあ、「どっちも好き」というのは、東出においても核心をついてると思うのだが、どうだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ