サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【46】/いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【46】

夢を与え続けてくれるアイドル『後藤真希』――いつかゴマキと朝帰りッ

+お気に入りに追加

『後藤真希』

1905_gotoumaki_200.jpg
『今の私は』(小学館)

「週刊文春」(文藝春秋)3月21日号にて、元モーニング娘。・後藤真希の夫が、後藤の不倫相手を訴えたことが報じられた。被告は後藤の元彼で「DV夫との離婚を望んでいた」と主張。衝撃的な話題だが、同時期にピエール瀧の逮捕があり、持っていかれた感はある。

 アイドルとは、我々庶民に夢を与えてくれる存在でなくてはならない。そういう意味で後藤真希は、今や二児の母親でありながら、夢を与え続けてくれる稀有な存在だ。

「いやいや、元彼との不倫がバレて、ドロ沼裁判中じゃないか」という声もあるだろう。しかし私から言わせれば、まさにこの状況こそ、夢に溢れているではないかと。「夢がMORI MORI」ではないかという話である。

 ひとつずつ紐解いていこう。まず、そもそも結婚な。剛力彩芽をはじめとする「お相手は一般人です」としながら、実際は社長だ、富豪だという、夢も希望もあったもんじゃない昨今の芸能界恋愛事情において、ゴマキの旦那ってのはゴリゴリの一般人なんでしょ。職業も内装関系で。もうね、そういうのが欲しいの、こっちとしては。「ひょっとしたら僕もアイドルと……」みたいな希望が。日々の忙しさですっかり忘れていたが、ゴマキは4~5年前から、小さいが確かな希望を我々に与えてくれていたのである。この事実を大事に噛みしめてさえいれば残りの人生、たとえ独り身のままだったとしても乗り越えていけそうな気がする。

 そして、さらに輪をかけているのが、不倫相手である元彼の存在だ。知り合ったきっかけがオンラインゲームのチャットなんでしょ。「モー娘。では誰が好き?」「ゴマキ」「私がゴマキ」なんてやりとりもしていたらしいじゃない。よかったよ、正直に「ゴマキ」って答えてくれて。私みたいなサブカルをこじらせた人間などは「王道を好きになるのは恥」とばかりに「飯田圭織」などと答えて、台無しになっていた可能性がある。やはり人間、素直が一番だ。しかもあれでしょ、この元彼ってのは地方に住んでいて、ある日ゴマキから会いに来たっていうじゃない。モー娘。の一時代が終わりかけた頃、「会いに行けるアイドル」をコンセプトに勢力を増したのがAKB48だったわけだが、それよりも早く「会いに来るアイドル」を実践していたゴマキは、さすがとしか言いようがない。だいたいね、ファンのほうから会いに行けちゃうからいろんな問題が起こるわけで、「アクションを起こすのはアイドルから。ファンは常に受け身で」というオールドスタイルが一番安全なのである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』