サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【64】/崖の上の【ゆきぽよ】
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【64】

「良くないこと」とわかればやらない?――崖の上のゆきぽよ

+お気に入りに追加

『木村有希』

2103_837A7196_200.jpg

2019年5月、自宅に出入りしていた友人男性がコカインで逮捕され、自らも家宅捜索&尿検査を受けていたことを「週刊文春」(文藝春秋)に報じられたゆきぽよ。覚醒剤で捕まったASKAよろしく、尿検査でお茶をいれなかったところに誠実さを感じられる。

 年をとると「若いタレントが皆同じに見える」なんて話を耳にする。若い頃は「まさか自分がそうはなるまい」と思っていたが、20代であれだけハマっていたモーニング娘。に対し、40代の今「現メンバーの顔も名前も誰一人わからない」状態になっていることに愕然としてしまう。なんなら、「こんなのはモーニング娘。じゃない!」とわめき散らさんばかりの老害っぷりだ。

 モー娘。ですらそうなのだから、最近までギャルタレントの二大巨頭「ゆきぽよ」と「みちょぱ」の区別もついていなかった。

 そんななか、ゆきぽよが「週刊文春」(文藝春秋)1月28日号にて「彼女の自宅で友人男性がコカインをやって逮捕。本人も事情聴取を受けていた」と報じられた。不謹慎だが、これでみちょぱと区別する“目印”がついたと思ったが、もともと区別があいまいだっただけに、結局のところ「どっちの友達がコカインやったんだっけ?」となりそうだ。

 関係ないが「ゆきぽよ」と「みちょぱ」は愛称であって、本名(芸名?)はそれぞれ「木村有希」と「池田美優」というらしい。この本名と愛称のかけ離れ具合も、我々中高年が覚えにくい要因であると思う。「ぽよ」とか「ちょぱ」は、どっから来たんだと。ただ、冷静に遡ってみると、このかけ離れ具合は小倉優子の「ゆうこりん」から端を発している可能性もあるわけで、そうなってくると我々世代の責任なのかもしれない。

 そんな自分たちの責任は棚に上げ、せっかくなので「ゆきぽよ」と「みちょぱ」の区別をつけるべく、意識してウォッチしてみることにした。個人的には、ゆきぽよが天才型で、みちょぱが秀才型だと思う。

 みちょぱは割と冷静で周りが見えており、早々に大人びたタイプ。悪友関係や悪い事の「事の重大さ」に自ら気づいて、卒業したように見受けられる。テレビでの立ち居振る舞いを見ていると、22歳にしてスナックのママのような達観した気配すら感じられる。

 一方、ゆきぽよは周囲を気にせず、目の前のことに全力を尽くす猪突猛進タイプ。余計なことを考えない分、突き進むことに全パワーを集中できるので突破力が半端ない。そうでなければ、英語も話せないのに本家アメリカ版「バチェラー」に単身乗り込み、爪痕を残せるわけなどないのだ。反面、想像を働かせて物事を理解していくことが苦手で、転んで覚えるタイプである。今回の件は、それが仇となったといえるだろう。

 コカインで逮捕された男性は、振り込め詐欺で逮捕された過去があったという。さすがの彼女も最初からわかっていれば即座に交友関係を絶っていただろう。だが、実際のところ知り合った当初は詐欺師だとは知らず、彼が逮捕されてからその事実を知り、出所してからも交友関係を続けていたという。おそらく彼女にしてみれば「“元”ならよくない!?」といったところではないだろうか。「罪は償ったんだから、無視したらかわいそうじゃね!?」と。そこにおいてなんの躊躇もなく、なんなら「カワイイ」とか「ウケる」と同じくらいの直感的な感情であったと思う。

 罪を犯した人間が、出所後にやり直そうとしても世間に受け入れられず、再犯に及ぶケースが問題視されていることを考えると一概に否定しがたい姿勢だが、タレントは信用が売りの商売だ。“元”であっても反社的な人との交友は良しとされていない。しかもこの男性、結局コカインで捕まっているところを見ると全然更生していないように見える。

 彼女も今回のことで「物事の整理がつくようになった」と文春の取材に答えている。ここにきてようやく「社会人として良くないこと」と自らの体験で覚えたわけだ。ひとたび「良くないこと」とわかれば、彼女は今後絶対にやらない。何度も叩かれているのにコロナ禍で会食を繰り返す石田純一とは、反省の度合いが違うのである。まあ、東京都の「若者向け悪質商法被害防止共同キャンペーン」の動画広告に出演していたのは間抜けな結果となってしまったが、内容が「SNSを使ったマルチやサイドビジネスへの勧誘防止」だったので、「振り込め詐欺とは別物だからセーフ」ぐらいに思っていたのかもしれない。言えばわかる娘なので、大人がちゃんと導いてあげることが重要だ。

「もう24歳なんだから、分別持てよ」という声もあるが、成長の仕方は個人差や環境にも左右されるので、一概にはいえない。なんなら、そのアンバランスさがゆきぽよのタレント性でもあったのだ。だからといって「大目に見てあげましょうや」と言うつもりはない。それなりにペナルティを受けるのは当然として、本人が「信用を取り戻せるように頑張りたい」と反省しているんだから、無視したらかわいそうじゃね!? という話である。

西国分寺哀(にしこくぶんじ・あい)
今回の原稿を執筆中、なぜか頭のなかでIKKOが「どんだけ~」のイントネーションで「ゆきぽよ~」と叫んでいる映像がループしていた40代独身男性。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ