サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【60】/アユの【安斉】物語
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【60】

もはや“浜崎あゆみ”は襲名制にすべき? アユの『安斉』物語

+お気に入りに追加

『安斉かれん』

2009_kalenazumi_200.jpg

歌手・浜崎あゆみの半生を描いたドラマ『M 愛すべき人がいて』が、トリッキーな展開や“あえてのダサい演出”で話題に。主人公アユを演じた安斉かれんも一躍注目を浴びた。こんな感じで安室奈美恵の半生もドラマ化しちゃえばいいのにね。

「どうするんだ? この先……」

 40代独身、低所得である己の今後を嘆いているわけではない。浜崎あゆみとエイベックス会長・松浦勝人氏をモデルにしたドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)で主人公アユを演じた、安斉かれんの今後を心配しているのである。

「いやいや、ドラマ自体話題になったし、一気に知名度を上げたじゃないか」という向きもあるだろう。確かにそうなのだが、“安斉かれん”というよりも“浜崎あゆみ”として認知されちゃっていないか? という心配である。新人がヒット作のキャラクターで認知されてしまうという“あるあるネタ”ではあるのだが、今回は少々ややこしいことになっていると思うのだ。

 昔であれば、事情がわかっていないおっちゃん、おばちゃんが「この娘が、浜崎あゆみかい?」などと素っ頓狂な質問をして、若い子たちから「違うよ。安斉かれんだよ」と訂正される流れがあった。まあ訂正されはしたものの、いまいち状況がのみ込めないおっちゃん、おばちゃんの間違いが正されることはなかったのだが、こういうものは、若い子が把握してさえいれば問題ない。ただ、今回はモノが浜崎あゆみなだけに、むしろおっちゃん、おばちゃんのほうが事情がわかっている。一方であゆを知らない若い子たちのほうが、安斉を指して「浜崎あゆみってこの娘? 意外と若くね?」ということになるかもしれないのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ