サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【45】/祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【45】

野際陽子に匹敵する逸材?――いつも『宇垣美里』に恋してるッ

+お気に入りに追加

『宇垣美里』

1904_P070_img001_230.jpg

2月5日、TBSアナウンサー宇垣美里が、「アフター6ジャンクション」(TBSラジオ)にて、3月末での退社を発表。「怒りの退社、フルヌード」という報道にも「なるわけねーし。バカか」と言及。怒って脱ぐのはダチョウ倶楽部の竜ちゃんぐらいだよね。(写真/共同通信)

 仕事柄、テレビはわりと見るほうだ。なんなら各局満遍なくチェックしている自負もあった。だがどうやら私は、知らぬ間に「TBSを見ない大人」になってしまったようである。

 ごめん、嘘ついた。正直ドラマは見てるわ。『逃げ恥』とか『大恋愛』とか。泣いたり悶えたりしながら。正確には「TBSのバラエティや情報番組を見ない大人」ということである。 土曜の夜、文字通り8時にテレビの前に集合し「志村うしろ!」と叫んでいたあの頃、まさか自分が 「TBSを見ない大人」になるなんて想像もしていなかった。

 その傾向に気づいたのは、3月末でTBSを退社する宇垣美里アナウンサーの存在である。この娘、私のことを知る第三者がハッキリと言い当てることができるくらい、私が好きなタイプである。にもかかわらず、最近までまったくのノーマークであった。いや、存在は知ってたよ。カワイくて、ブリッ娘で闇キャラの娘でしょ。ちょくちょくネットニュースに取りあげられていたもの。でもね、そこ止まりだった。おじさん、動くウガッキーを見ていなかった。元来、一目惚れをしないタイプの私は、ネットニュースの画像だけでは興味が惹かれなかったのである。やはり人間というのは、見た目、声、話し方、所作等々、そういったすべての要素が合わさって初めて魅力が発揮されると思うのだ。

 では、なぜ彼女の魅力に気づけなかったのか? それは私がTBSの番組を見ていなかったからだ。思い返せば田中みな実も、私が意識しだしたのは、彼女がフリーになって他局の番組に出始めた頃である。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』