サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【56】/必ず最後に【杏】は勝つ
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【56】

東出バッシングはほどほどに?――必ず最後に『杏』は勝つ

+お気に入りに追加

『杏』

2003_P136_img001_200.jpg

1月23日発売号「週刊文春」(文藝春秋)にて別居が報じられた女優・杏と俳優・東出昌大。原因は東出と女優・唐田えりかとの不倫とされている。原稿執筆時は別居だったけど、この号が発売される頃には離婚しているかもしれないから、そういう目で読んでね。

 年末か年始だったか、ワイドショー番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で、「2020年の芸能スクープ大予想」みたいなコーナーがあった。芸能リポーターたちが特ダネをクイズ形式で出題。それを出演者たちが耳打ちで回答するというもので、さすがに視聴者に正解は明かされなかったものの、今にして思えば、その内のひとつ「離婚間近! 女優A」というのは、不倫・別居報道で話題となった、杏のことだったのかもしれない。

 すごかったのが、番組のメインMC安藤優子だ。彼女は出題されるやいなや正解し、周囲を驚かせた。「この女優さん好きでよく観ているんですけど、なんか最近そんな気がしたんですよね」みたいなことを言っていた。こういうのも女の勘というのだろうか。というか、こんな複雑な事情ですら気づくのだから、そりゃ男の浮気なんてのは、女にかかれば簡単にバレるわなと、改めて思い知らされた次第である。

 一方、男というのはやはり鈍い。私など「女優A」と聞いて「すわ! 麻生久美子か相武紗季か!?」と勝手に色めき立っていた。見当違いも甚だしいが、個人的に「もし、バツイチになったらソソるわ~」という人選である。無論、杏だってバツイチになればソソる候補ではある。ただそれは、離婚理由が「生活のすれ違い」であるとか「価値観の相違」みたいな、円満離婚の場合だ。今回のように「杏が妊娠中の不倫」「イクメンのふりして家庭を顧みず不倫」「杏に一度とがめられたのに、引き続き不倫」といった、今までの夫婦のイメージとは真逆すぎてちょっと引いてしまう感じであると、ソソりづらいというか、ソソるのに申し訳なさを感じてしまう。なんだか“ひとソソり”損した気分だ。まあ、まだ離婚ではなく別居なので、勝手にソソるなよという話ではあるのだが。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』