サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【40】/振り返れば【芽衣】がいる
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【40】

“朝ドラ保守派”は「朝ドラ革命」を受け入れられなかった?――振り返れば【芽郁】がいる

+お気に入りに追加

『永野芽郁』

1811_P098_img001_200.jpg

9月で終了した永野芽郁主演『半分、青い。』(NHK)。これまでの朝ドラとは一線を画す内容だったということもあり、一部からは批判の声も上がっていた。ただ、そういう人に限って細かなツッコミを入れようと、ガッツリ視聴していたためか、平均視聴率は『あまちゃん』より高くなっていた。

 ロスである。三浦和義「ロス疑惑」のロスではない。NHK連続テレビ小説『半分、青い。』ロスなのだ。

 視聴率が良かったわりに賛否両論あり、結構厳しい意見も飛び交っていた本作だが、まあ確かに万人受けする話ではないのかもしれない。

 1971年7月7日、岐阜県梟町で同じ日に同じ病院で生まれた鈴愛(すずめ/永野芽郁)と律(佐藤健)。共に育った2人は、互いのことを誰よりも理解し合いながらもつかず離れずの関係のまま大人になり、上京。しかし、それまでのような関係を維持できなくなったため、お互い別々の道を歩むことに。その後、鈴愛は夢に挫折し、結婚、出産、離婚を経て、帰郷。そこで律と運命の再会……なんやかんやあってお互い40歳になった7月7日に晴れて結ばれるという、私のような夢を抱いて上京し何者にもなれなかった40過ぎの独身男としては、非常に身に染みる話である。特に後半のアラフォー時代の話は、夢破れ、それでも生きていかなくてはならない中年の姿に励まされ、何より2人の関係の進展具合を見るにつけ、「アラフォーでも恋していいんだ!」と勇気をもらった。なんなら、勢い余って一旦田舎に帰ろうとしたぐらいである。恋仲になるような幼なじみなどいやしないのに。

 いや、実は私が忘れているだけで、本当はいるんじゃねーかと、隠してねーかと。「幼なじみはいねーがー!」となまはげばりの勢いで母に、そして私が生まれた病院に問いただそうとしたぐらいだ。

 実際は軽口で母に聞いてみただけだが、やはり「いない」とのこと。ただ驚いたのは、問い合わせようとしていた病院は、実は弟が生まれたところで、私が生まれたのはまったく別のところだったという勘違いが発覚。危うく全然関係ない病院に「私と同じ日に生まれた異性はいませんか?」と尋ねるところだった。完全に頭のおかしい奴である。産婦人科というより、そのまま別の病棟に連れていかれそうな勢いだ。まあ、それはそれで意外としっくりきていたのかもしれないが。

 ともあれ、今作は「朝ドラ革命」と銘打っていたこともあり、“朝ドラ保守派”の人たちからすると少々受け入れ難いところがあったのかもしれない。例えば、鈴愛と律は2人で会社を立ち上げたのだが、そのオフィスでふいにキスをしてしまうシーンがあった。それに対し「朝からキツイ」「職場で不謹慎だ」といった優等生的な意見がネット上にあげられていた。私などはその急接近にドギマギし、思わず顔に両手を当て「キャー! 素敵!!」などとおネェみたいな反応をしてしまったのだが、その勢いのまま言わせてもらえれば「普段、ワイドショーで人様の不倫事情を興味津々で見ているクセに、カマトトぶってんじゃないわよ!」という話である。

 そして、こういった傾向の最たるものが主人公・鈴愛のキャラが「ウザい」と、で、それを演じている永野芽郁のパーソナリティもなんだかかぶってそうだから「ムカつく」という批判である。おい! 落ちつけ!! ドラマの話だぞ。これだけ文明が発達し、娯楽もあふれた現代社会において、未だ“親友の父親と不倫をする役”で世間から猛バッシングを受けた『ポケベルが鳴らなくて』(93年/日本テレビ系)の裕木奈江みたいなことが起きているのか!? このスマホ全盛の時代に日本の文化の許容レベルは、まだまだポケベル止まりなのである。もうね、ポケベルが鳴らない以上に由々しき事態ですよ、コレは。ポケベルっていうか、Jアラートぐらい鳴らしてもらわないとね、収まりがつかないって話ですよ。ちなみにポケベルって何? 裕木奈江って誰? という人は各自で調べてください。いちいち説明なんかしませんから。義務教育じゃないんでね。

 ただまあ、良いように解釈すれば裕木奈江しかり、永野芽郁しかり、その演技力が高いがために現実と虚構がごっちゃになってしまう人が出てくるわけで、「ドラマはオワコンだ」などと言われている現状において、まだまだこういう“素直”な視聴者がいるというのは、ある意味救いなのかもしれない。そして、この大胆なプラス思考への転換の仕方は、何を隠そう鈴愛から学んだことだということを皆さんには覚えておいていただきたい。

 最後に矛先を変えるようで申し訳ないのだが、10月から始まる秋ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)が、爆死する予感がプンプンしているのだがどうだろう? 『半分、青い。』の裕子(清野菜名)とブッチャー(矢本悠馬)も出ているので、なんとかしてあげたいのはやまやまなのだが……たぶん私は見ないので、みんな応援してあげてね。

 See You~!

西国分寺哀(にしこくぶんじ・あい)
男の幼なじみならいる42歳独身男性。先日、20年ぶりに再会したところハゲて歯が抜けており、半分、何をしゃべっているのかわからなかった。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』