サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【40】/振り返れば【芽衣】がいる
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【40】

“朝ドラ保守派”は「朝ドラ革命」を受け入れられなかった?――振り返れば【芽郁】がいる

+お気に入りに追加

『永野芽郁』

1811_P098_img001_200.jpg

9月で終了した永野芽郁主演『半分、青い。』(NHK)。これまでの朝ドラとは一線を画す内容だったということもあり、一部からは批判の声も上がっていた。ただ、そういう人に限って細かなツッコミを入れようと、ガッツリ視聴していたためか、平均視聴率は『あまちゃん』より高くなっていた。

 ロスである。三浦和義「ロス疑惑」のロスではない。NHK連続テレビ小説『半分、青い。』ロスなのだ。

 視聴率が良かったわりに賛否両論あり、結構厳しい意見も飛び交っていた本作だが、まあ確かに万人受けする話ではないのかもしれない。

 1971年7月7日、岐阜県梟町で同じ日に同じ病院で生まれた鈴愛(すずめ/永野芽郁)と律(佐藤健)。共に育った2人は、互いのことを誰よりも理解し合いながらもつかず離れずの関係のまま大人になり、上京。しかし、それまでのような関係を維持できなくなったため、お互い別々の道を歩むことに。その後、鈴愛は夢に挫折し、結婚、出産、離婚を経て、帰郷。そこで律と運命の再会……なんやかんやあってお互い40歳になった7月7日に晴れて結ばれるという、私のような夢を抱いて上京し何者にもなれなかった40過ぎの独身男としては、非常に身に染みる話である。特に後半のアラフォー時代の話は、夢破れ、それでも生きていかなくてはならない中年の姿に励まされ、何より2人の関係の進展具合を見るにつけ、「アラフォーでも恋していいんだ!」と勇気をもらった。なんなら、勢い余って一旦田舎に帰ろうとしたぐらいである。恋仲になるような幼なじみなどいやしないのに。

 いや、実は私が忘れているだけで、本当はいるんじゃねーかと、隠してねーかと。「幼なじみはいねーがー!」となまはげばりの勢いで母に、そして私が生まれた病院に問いただそうとしたぐらいだ。

 実際は軽口で母に聞いてみただけだが、やはり「いない」とのこと。ただ驚いたのは、問い合わせようとしていた病院は、実は弟が生まれたところで、私が生まれたのはまったく別のところだったという勘違いが発覚。危うく全然関係ない病院に「私と同じ日に生まれた異性はいませんか?」と尋ねるところだった。完全に頭のおかしい奴である。産婦人科というより、そのまま別の病棟に連れていかれそうな勢いだ。まあ、それはそれで意外としっくりきていたのかもしれないが。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』