サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【54】/【片瀬】の純真
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【54】

とばっちりで笑いのタネにされる――『片瀬那奈』の純真

+お気に入りに追加

『片瀬那奈』

2001_P080_img001_200.jpg

11月16日、女優・沢尻エリカが麻薬取締法違反の容疑で逮捕された。「次にクスリで捕まるのは誰だ?」と芸能界が戦々恐々とする中、女優・モデルの片瀬那奈は「片瀬那奈 ばかうけ」で検索を賑わせ、令和の“爆笑王”みたいな扱いを受けている。

 沢尻だと思った? 今回、沢尻エリカでいくと思ったっしょ!? 「エリカ様ー!」(「卑弥呼さまー!」のテンションで)とか言っちゃう感じで。

 まあ、確かにそのフレーズに引かれるものはあるが、というか、もうシレッと使っちゃってはいるのだが、さすがに薬物逮捕されている人に「大丈夫?」はないだろうと。いろいろはっきりした後に更生に向けて「頑張ってね」ではないかと。

 そういう意味で本当に「大丈夫?」と声をかけるべきは、“姉妹のように仲がいい”と公言していただけで、とばっちりを受けた片瀬那奈ではないだろうか。沢尻の逮捕を受け、自身が司会を務める番組『シューイチ』(日本テレビ系)で、涙ながらに「近くにいて何も知らなかった」と語るも、「嘘くさい」とネット民からは一刀両断。さらには、沢尻と一緒にクラブで踊っていた動画が発見されたのだが、そこにはスナック菓子「ばかうけ ペヤングやきそば味」をつまみながら踊る彼女の姿が。クラブと「ばかうけ」の組み合わせに「なぜ?」という疑問と共に「クスリよりこっちのほうがヤバい(笑)」 と笑いのタネにされてしまっている。

 女優・モデルという肩書の彼女にとって、確かにスナック菓子をむさぼり食う姿はイメージダウンだ。ただ、動画を見ていて気づいたのだが、どうもこれ、生配信前提のイベントのようである。しかも、片瀬は時折マイクを握りDJ紹介なんかもしている。となると今回の「ばかうけ」は、“たまたま映ってしまった”ものではなく、配信されていることを承知の上での“覚悟”の「ばかうけ」ということだ。

 なんだろう、おなか減ってたのかな。来る前に軽く食べてくるの忘れたとかで。これが若い時であれば我慢したのかもしれないが、彼女ももう38歳。いい意味で周りの目が気にならなくなる年頃である。例えば、若い子が電車の中で化粧をしていれば「はしたない」と注意をするが、自身はクラブでおなかが減れば「ばかうけ」をつまむ。年を取るということは、こういうアンバランスさを上手く同居させるということなのかもしれない。そう考えると途端にカッコよく見えてこないだろうか。それに「おなかが減っていたら、せっかくの音楽が楽しめない」といったクラバーとしての矜持すら感じられる。

――踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々

 おそらく、「ばかうけ」を見て“ばかうけ”しているような奴らは、クラブに行ったことのない連中だ。そんな人たちに「人生損しているよ」とあざ笑うかのように彼女は「ばかうけ」を頬張っていたのである。

 確かに大抵のクラブには、酒はあるがツマミがない。あってもべらぼうに高いか、ロクなものがない。だったら持ち込めばいいという話である。常識とされているものを疑わないのは、日本人の悪い癖だ。

 だいたいね、「ばかうけ ペヤングやきそば味」っていう“つまんで食すもの”を選択しているだけ分別があると思う。食事の時間を惜しんでまでカードゲームに興じたサンドウィッチ伯爵と同じ考え方である。これが「ペヤングソース焼きそば」そのものをすすりだしたのなら、さすがに止めるべきだとは思うが。

 あとね、これはもう声を大にして言いたいのだが、冒頭でも触れた“姉妹のように仲がいい”からって「クスリやっていたのを知らないわけがない」っていうのは、かなりの暴論だ。近しいからこそ、知られないようにしていることだってある。例えば私には4つ下の弟がいるのだが、彼は地元に残り、結婚もし、先日大きな一軒家を建てた。一方私はというと、40代未婚、都内6畳一間の安アパート暮らしという、人生において明らかに差をつけられている状況だ。それでも兄弟仲は良いほうで、まめに近況報告などもし合っている。

 だが弟は、私が最近「リリカルスクール」というアイドルラップグループにハマっていることを知らない。20歳も年の離れた女の子を応援しているのがバレたら「小娘応援する前に、まずお前が頑張れ」と言われるのは目に見えているからだ。だから、この件に関して私が自ら報告することもないし、感づかれないように細心の注意も払っている。

 私ですらこうなのだから、違法薬物を使用していた沢尻などは、片瀬に対し「バレたら、“お姉ちゃん”に怒られる」という気持ちで隠し通していたのではないだろうか。そこには「迷惑をかけちゃいけない」というのも多分にあったと思う。だが、隠し通していたがゆえに逮捕後、結局は迷惑をかけることになってしまうとはなんとも皮肉な話である。

 そう思うと、私も弟には「リリカルスクール」のことをちゃんと話しておくべきか。ちなみに昔、「兄貴は、その……クラブ行ったりしてるけど、クスリとかやってんの?」と聞かれたことがあった。その時はノリで「別に……」と返してそのままにしてしまったが、こっちを先に訂正しといたほうがいいよね、多分。

西国分寺哀(にしこくぶんじ・あい)
「ばかうけ」より「ハッピーターン」、「ペヤング」より「U.F.O」派の40代独身男性。ポケットに「茎わかめ」をしのばせてクラブに行ったことがある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ