サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【52】/【真帆】がいるだけで
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【52】

悲劇のヒロインは再起できるか?――『山口真帆』がいるだけで

+お気に入りに追加

『山口真帆』

1911_yamaguchi_200.jpg

元NGT48の山口真帆が事務所を研音に移籍し、再スタートを切った。例の暴行事件で悲劇のヒロインのイメージだったが、ここへきて「嘘をついていた」的な情報が出てきている。事件の全貌は複雑だから各自検索してね。知ってる前提で書きますよ。今回は。

 元NGT48の山口真帆が、暴行事件のなんやかんやで事務所を移籍し、女優として再スタートを切った。

 移籍後初のメディア出演がラジオで、しかも特に縁もゆかりもない番組『Skyrocket Company』(TOKYO FM)という矢沢永吉ばりの「Why? なぜに…」な出だしではあったが、コレを聴いた人は、果たしてどれくらいいるのだろうか。

 厳しいことを言えば、現時点で彼女を心底応援しようと思っているのは、もとからのファンぐらいだろう。大半は「大変だったね。がんばってね」と道端で声をかけてくるおばちゃん程度の熱量だ。実際、私もそのクチだった。だが、番組を聴いて態度を改めねばという思いに駆られた。

 落ち着いたホワンとした話し方。笑い方が「アハハ」ではなく「ウフフ」なのも良い。一生懸命トークしようとするものの、空回りしてしまういじらしさ。正直、この時点で顔はうろ覚えだったが、声だけで十分ひきつける魅力がそこにはあった。

 ただ、悲しいかな私のような新規ファンがいまいちノリきれないのは、ここへきて暴行事件の真相がよくわからなくなってきたという点にある。現在、NGT48の事務所AKSは、逮捕されたものの不起訴となった男性ファン2人に対して訴訟を行っている。その中で被告が「山口とは以前から“つながり(私的交流)”があった」などと供述。こうなってくると彼女が主張していた事件の構造そのものが変わってきてしまう。AKSの吉成夏子社長も「山口が嘘をついている」的な発言をしており、週刊文春も社長のコメントや事件直後の山口と犯行グループたちとの話し合いの音声データを公開するなど、悲劇のヒロインから一転させるかのような情報が、続々と出てきているのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』