サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【38】/【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【38】

むしろ迷走してこそブレてない?――紅に染まった朋ちゃんを慰める奴はもういない

+お気に入りに追加

『華原朋美』

1809_P103_img001_200.jpg

「FRIDAY」(講談社)7月20号にて飯田GHD会長・森和彦氏との不倫疑惑を報じられた歌手・華原朋美。その後、周囲にヤイヤイ言われて嫌気が指したのか、剛力彩芽よりも先にSNSを全削除していた。しかもアカウントごと。

「ヒューヒュー!」

 このフレーズを聞いて、アナタは誰を思い浮かべるだろうか?

 まっとうなアラフォー世代なら、なんの迷いもなく「牧瀬里穂!」と答えるだろう。「正解は越後製菓!」くらいの勢いで。

 ところが、何かとうがった見方をするこじらせ40代となってくると悩むのである。そう、「華原朋美」との2択で。

 前者はドラマ「二十歳の約束」(フジテレビ系)の名シーン「ヒューヒューだよ」であり、後者はサントリー「桃の天然水」のCMフレーズなわけだが、時はたち、牧瀬里穂はファッションディレクターNIGO(R)と結婚、セレブ生活を送っている。対する朋ちゃんはといえば、休業と復帰を繰り返し、最近やっと落ち着いてきたと思っていた矢先「FRIDAY」(講談社)7月20号にて、大手戸建て分譲会社・飯田グループホールディングス会長・森和彦氏、御歳73歳との不倫疑惑が報じられるという迷走っぷり。どうやら「平成のヒューヒュー! 対決」は、牧瀬に軍配が上がったようである(?)。

 とはいえ、朋ちゃんだって、ただ迷走しているわけではない。「勝負に勝って試合に負けた」とでも言おうか。そもそも朋ちゃんは、恋人でありプロデューサーであった小室哲哉と別れてから、もうずーっと迷走しているのである。今に始まったことではない。彼女の芸能生活、いや、芸風は迷走であると言っていい。そういう意味で、ブレていないのである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』