サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【43】/いとしの【戸田恵梨香】
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【43】

軽率に「かわいい」と口にできる隙が欲しい――いとしの『戸田恵梨香』

+お気に入りに追加

『戸田恵梨香』

1902_P103_img001_200.jpg

ドラマ『大恋愛』(TBS系)が好評。NHK朝ドラのヒロインに抜擢。その間に過去のインスタ全削除、成田凌との破局があり、何かと動向が注目される女優・戸田恵梨香。同作で共演したムロツヨシとは何もないようで、そのあたりに共演者キラーとしての矜持を感じる。

 心配なのだ。戸田恵梨香のことが。こういうことを言うと、今年で43歳にもなるのに、いまだ独り身である自分自身のことを心配しろという声があがる。この年末年始に帰省した際も、たくさんの方々から厳しいお言葉を頂いた。

「この先どうするの?」とか、「結婚しないの?」とか、「するNO?しないNO?」とか。まあ、最後のは岡本夏生が1990年に出したシングル曲なのだが。

 それはさておき、男にはときとしてそんな周囲の批判を押し切ってでも、ひとりの女のことを心配しなければならないことがある。そもそも、私は戸田恵梨香の行く末を心配しているのではない。“私が”“戸田恵梨香のことを”“好きでい続けられるのか?”ということが心配なのだ。

 待て。わかっている。私だって分別のある大人だ。何も彼女と結婚したいと言っているわけではない。ただ、不意にテレビなどで見かけた際に「ああ、やっぱりかわいいな」と思える心持ちでありたい、それだけだ。なまじっか分別などというものがある分、こっちのほうがよほど気持ち悪いような気がしなくもないが。

 だいたい彼女の行く末に、心配する要素はひとつもない。年末に放送されていた主演ドラマ『大恋愛』(TBS系)は好評、そして今年9月からのNHK連続テレビ小説『スカーレット』のヒロインにまで抜擢されているのである。まさに順風満帆。『戸田恵梨香の順風満帆!』というラジオ番組があってもいいぐらいだ。ニッポン放送とかで。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載