サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【53】/【KEIKO】とマナブ
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【53】

もうglobe再始動しかない?――KEIKOとマナブ

+お気に入りに追加

『KEIKO』

1912_markpanther_200.jpg
『マーク・パンサーのDJ ベーシック講座 レッスン4』(ゴマブックス)

音楽プロデューサー小室哲哉と妻で歌手のKEIKOが離婚調停中であると、10月24日発売の「週刊文春」(文藝春秋)と「女性セブン」(小学館)で報じられた。「女性セブン」では同号で小室圭も扱っており、本当の意味で「小室ファミリー」ジャック号となった。

「『今月は木下優樹菜、道端アンジェリカなど話題は豊富だったが、全然大丈夫じゃないマイ・フレンドだった。背負いきれないよ~』みたいな書き出しでいいんじゃないですか」

 これは、担当とLINEで今月のネタ決めをしている中で送られてきた一文だ。ネタ決めは確かに難航していたが、まさか書き出しを送ってくるとは思わなかったことと、微妙に私の文体ではないことに驚きを隠せない。なんだ「背負いきれないよ~」って。「おなかいっぱいだよ~」みたいなイントネーションだろうか。

 結局、今回は小室哲哉との離婚調停が報じられたglobeのボーカル・KEIKOにしようとなったのだが、その際も「KEIKO最高! DJ KOO!」と彼の勢いは止まらない。グループ変わっちゃってるじゃないかということと、何が彼をそこまでご機嫌にしてしまったのかわからないが、私よりテンションが高いことは確かだ。もう今回は、担当が書いちゃえばいいのである。

 そもそも書き手と編集は、二人三脚で連載を守るもの。書き手の調子が悪ければ、担当が書いたっていいはずだ。それに、連載はこれしかないのだから「西国分寺哀」という看板を2人で守っていると言っても過言ではない。これは、出版界の働き方改革である。マンガもそうすればいいのに。『HUNTER×HUNTER』休載しないで済むから。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』