>  無料記事
第1特集
サイゾーPremium 特別企画

キメ技「FATALITY」のモノマネでオファー殺到!? 芸能界唯一のプレイヤー(?)ハリウッドザコシショウが語る!『モータルコンバット』のキワモノすぎる魅力

――首を引っこ抜き、骨という骨を砕き、心臓を握り潰し、そして鳴り響く「FATALITY!」の声……。キメ技の残酷描写で知られるアメリカ産の格闘ゲーム『モータルコンバット』が4半世紀ぶりに実写映画化し、6月...

キメ技「FATALITY」のモノマネでオファー殺到!? 芸能界唯一のプレイヤー(?)ハリウッドザコシショウが語る!『モータルコンバット』のキワモノすぎる魅力
新着
第1特集
サイゾーPremium 特別企画

草彅剛『ミッドナイトスワン』、水原希子『彼女』の“問題”を徹底追及! LGBT映画の落とし穴

――今年3月の日本アカデミー賞では、草彅剛がトランスジェンダーの主人公を演じた映画『ミッドナイトスワン』が最優秀作品賞と最優秀主演男優賞の2冠に輝いた。あるいは、4月に公開されたNetflixオリジナル映...

草彅剛『ミッドナイトスワン』、水原希子『彼女』の“問題”を徹底追及! LGBT映画の落とし穴
第1特集
お知らせ

雑誌「サイゾー7.8月合併号」のお知らせ

――本来でしたら6月18日は7月号の発売日ですが、7月に合併号として発行いたします。

雑誌「サイゾー7.8月合併号」のお知らせ
連載
澤田晃宏の「外国人まかせ」【2】

【澤田晃宏/外国人まかせ】失踪した技能実習生でも雇いたい……高齢化する建設業と農業の現実

――彼と初めて出会ったのは、「大阪港駅」(大阪市港区)だった。大阪税関のなかでも、密輸事件などを担当する調査部が入る大阪税関本関の最寄り駅だ。

【澤田晃宏/外国人まかせ】失踪した技能実習生でも雇いたい……高齢化する建設業と農業の現実
連載
田澤健一郎の「体育会系LGBTQ」【2】

【田澤健一郎/体育会系LGBTQ】サッカー強豪校でカミングアウトを封じた少年

――社会に広がったLGBTQという言葉。ただし、今も昔もスポーツ全般には“マッチョ”なイメージがつきまとい、その世界においてしばしば“男らしさ”が美徳とされてきた。では、“当事者”のアスリートたちは自らの...

【田澤健一郎/体育会系LGBTQ】サッカー強豪校でカミングアウトを封じた少年
無料
第2特集
特別企画「ザ・グレイテストラウンドガール」

砂浜で出会えたら超ラッキー! グレイテスト・ラウンドガールが「今年の勝負水着」を大公開!

――“6者6様”のセクシーな水着をまとった美女たち。その正体は、元世界王者の戸高秀樹氏が会長を務める戸高秀樹ボクシングジム主催の「ザ・グレイテストボクシング」のラウンドガールである。リング上では揃いのユニ...

砂浜で出会えたら超ラッキー! グレイテスト・ラウンドガールが「今年の勝負水着」を大公開!
連載
「マル激 TALK ON DEMAND」【168】

【神保哲生×宮台真司×大島堅一】あらかじめ決まっていた汚染水海洋放出という選択

――福島第一原発に放射性物質を含む汚染水が蓄積され続けている問題で、菅政権は4月13日、東京電力がこれを福島県沖の太平洋に放出する計画を承認した。だが、原発のコストなどを研究してきた龍谷大学の大島堅一教授...

【神保哲生×宮台真司×大島堅一】あらかじめ決まっていた汚染水海洋放出という選択
第1特集
犯罪者の写真と肖像権

宮崎勤、宅間守、植松聖の写真がフォトライブラリーにない! 行き過ぎた自主規制か人権意識か――死刑囚たちの写真が消えていく理由

――テレビやネットニュースなどで死刑囚の名前が匿名やイニシャルになっていたり、またメディアで死刑囚の写真が載ることが少なくなった。さらに、さまざまな媒体が利用しているフォトライブラリーなどでも、死刑囚の写...

宮崎勤、宅間守、植松聖の写真がフォトライブラリーにない! 行き過ぎた自主規制か人権意識か――死刑囚たちの写真が消えていく理由
第1特集
更生プログラムに効果はあるのか

刑務所内で上映されるドキュメンタリー映画も! 再犯者率は48.8%――正解なき更生プログラムの今

――本特集では、“犯罪”をめぐるさまざまな問題や最新事情を取り上げてきた。では、実際に犯罪を犯した人物は、どのような更生プログラムを経てシャバに戻るのだろうか? そもそも更生プログラムに効果はあるのか? ...

刑務所内で上映されるドキュメンタリー映画も! 再犯者率は48.8%――正解なき更生プログラムの今
第1特集
縮むスポーツと大麻の距離

現役NBA選手の85%が大麻を使用!?――米国スポーツ界で進む大麻解禁と使用罪創設を目指す日本の未来

――井岡一翔のドーピング疑惑で注目を浴びた大麻とCBD。近年の日本では、プロ野球選手やBリーグ選手も大麻所持で逮捕されており、「スポーツと大麻」の距離は着実に縮まっている。なおアメリカでは四大スポーツでの...

現役NBA選手の85%が大麻を使用!?――米国スポーツ界で進む大麻解禁と使用罪創設を目指す日本の未来
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

――花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
第1特集
(危)バイトに手を出す学生

意識高い系がカモにされる! 受け子、投資詐欺、パパ活……現役大学生が語る裏バイト体験

――20年11月、NHK『クローズアップ現代+』で放送された特番「追跡!あなたを狙う“闇バイト”」。SNSで募集される特殊詐欺の受け子や強盗などの実行役に若者が手を出すさまが映し出され、反響を呼んだ。この...

意識高い系がカモにされる! 受け子、投資詐欺、パパ活……現役大学生が語る裏バイト体験
第1特集
リアル犯罪がテーマのK-MOVIE

未解決事件も多数! 映画きっかけで再捜査――公開禁止が求められた問題作も! 凶悪事件を基にした韓国映画

――昨年アカデミー賞で4部門受賞した『パラサイト 半地下の家族』など、韓国映画が世界で注目を集めている。その中でも、実際の凶悪事件をテーマにした作品は、大きなジャンルのひとつ。ポン・ジュノの『殺人の追憶』...

未解決事件も多数! 映画きっかけで再捜査――公開禁止が求められた問題作も! 凶悪事件を基にした韓国映画
連載
萱野稔人と巡る超・人間学【第20回】

萱野稔人と巡る【超・人間学】――人間の知性と言葉の関係(後編)

――前回に続いて作家・川添愛氏と言葉、AIについて語り合う。進化したAIは人間と変わらない言葉、知性を持つようになるのか。機械と人間の根本的な違いとは――。

萱野稔人と巡る【超・人間学】――人間の知性と言葉の関係(後編)
第1特集
犯罪被害者のSNS二次被害【1】

行方不明の児童の真相は「親の人身売買」って!?――被害者家族がなぜかバッシング? SNSではびこる犯罪二次被害

――SNSでの誹謗中傷が問題として取り沙汰される昨今。こと、犯罪に置いてはあらぬ方向で、これが活発になるケースがある。犯罪被害者や、その家族、関係者に対する誹謗中傷がなぜか多発しているのだ。この事象はすで...

行方不明の児童の真相は「親の人身売買」って!?――被害者家族がなぜかバッシング? SNSではびこる犯罪二次被害
第1特集
法的にアウトな警察の捜査とは?

警察は取り調べ中に平気でウソをつく! 強引な職質で麻薬所持が無罪――「違法捜査」のキワどい線引き

――街中で覚醒剤を持ち歩いていたときに、警察官から職務質問を受けたとする。そこでブツを見つけられ、逮捕されたとしても、実はその職質が違法なものであれば裁判で無罪となるのだ。確かに所持していたはずなのに、そ...

警察は取り調べ中に平気でウソをつく! 強引な職質で麻薬所持が無罪――「違法捜査」のキワどい線引き
サイゾープレミアム

2021年6月号

「天野紗也加」の輝かしさ

「天野紗也加」の輝かしさ
    • 【天野紗也加】配信女王が魅せる

NEWS SOURCE