サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【26】/俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【26】

アリスとの仲が心配だけど、俺が「大丈夫」って言えばすずはきっと大丈夫で

+お気に入りに追加

『広瀬すず』

アリスとの仲が心配だけど、俺が「大丈夫」って言えばすずはきっと大丈夫での画像1

雑誌「セブンティーン」(集英社)の専属モデルを経て女優へ。デビュー当時から世間では「アリスとすずどっちが好きなの?」と松浦亜弥ばりの論争が起こっている。筆者はこれまで「どっちも好き」という母親的スタンスをとってきたが……。


 広瀬アリスとすず、どっちが人気あるの?

 今、この質問をされて、正確に答えられる人がいるだろうか?

「どっちが好き?」ならば簡単だ。個人の好みだから。だが「どっちが人気?」ということになってくると、なかなかに判断が難しい。

 これが、有村藍里と有村架純であれば「次元が違う」くらいのレベルで「架純」と即答できる。髙嶋政宏と高嶋政伸であれば「どっちでもいい」とぞんざいに扱えもするだろう。だが、こと広瀬姉妹においては、なんとなく気を使ってしまわないだろうか? ぶっちゃけ、ちょっと前であれば「すず」と言い切れる時期があった。ただ、この時もアリスの完敗というよりも、3:7ぐらいの割合であったと思う。おそらく本人たちもそのへんは感じていたのではなかろうか。個人的には、それでも仲むつまじい2人の姿を観ていたら「アリスを応援したい」という気持ちが出てきたことは確かだ。そこに「お姉ちゃんがかわいそう」という感情がなかったかと言えば嘘になる。

「そんなの優しさじゃない!」そう言われればそれまでだ。「でも、本当はすずが好きなんでしょ?」と聞かれたら「違う」と否定できたかどうかもわからない。でも、始まりがそんなでもいいじゃないか。今僕が好きなのは、アリスなのだから。

 おそらく、私みたいな人が結構いたのではないだろうか。ここへきて、アリス人気が上がってきているように感じる。女優としての売れ具合もさることながら、大人になったせいか“エロさ”がにじみ出てきた。彼氏ができたことによる影響もあるだろう。しかも、もともとサバサバしたキャラクターだったせいか、彼氏ができたことによるマイナスダメージはあまりなかったように見受けられる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』