サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【55】/【増田と鷲見】のラブゲーム
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【55】

不倫“新時代”の夜明け、来たる?――増田と『鷲見玲奈』のラブゲーム

+お気に入りに追加

『鷲見玲奈』

2002_P128_img001_200.jpg

「週刊文春」がテレビ東京のアナウンサー・鷲見玲奈と同局の先輩アナで既婚者である増田和也との不倫疑惑を報じた。酔った2人はカラオケBOXで“一線”を越えてしまったそうで、その動画もあるという。“一線”って手をつないでデュエットしちゃったとかかな!?

「不倫“新時代”の夜明けぜよ!」

 新年を迎えて意気込んでいるわけではない。書いているの12月末だし。書くネタも去年のだし。とはいえ、「不倫“新時代”」という気持ちに偽りはない。テレビ東京のアナウンサー・鷲見玲奈と同局の先輩アナで既婚者である増田和也との不倫報道の話である。

 12月22日、「週刊文春」(文藝春秋)が「今年夏頃、鷲見と増田の不倫関係についてテレ東に通報があり、2人は会社から事情聴取を受けていた」とネットで第一報を飛ばした。続く12月26日発売の誌面では2017年に「鷲見と増田が後輩を連れてカラオケBOXに行ったら、2人とも泥酔してイチャイチャしはじめ、そのまま“一線”を越えてしまった」と一時期流行った長ったらしいAVのタイトルみたいになってしまったことを報じている。まあ、「AVのタイトルみたい」とは書いてないのだが、看板アナという“第一線”で活躍している彼女のもうひとつの“一線”での活躍にネット民はどよめいた。しかも、動画まであるという。それはもう本当にAVの話なのではないだろうか。鷲見アナ似っていう企画の。

 テレ東の広報は、「両名とも関係を否定している」と回答。文春はさらに鷲見アナ、増田アナだけでなく、カラオケに同席したとされる後輩女子アナや社長にまで「“一線”を越えたのか?」と直撃しているが、全員肯定も否定もせず「広報を通してください」の一点張り。だがこの間鷲見アナは、一般ユーザーの「鷲見ちゃんが不倫なんてするわけないよ」という投稿に「いいね」を送るという「無言の抵抗」を示した。現在は削除されているが、この「不倫を否定している」ところに味わい深いものがある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』