サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【29】/【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【29】

計算高いからカワイイ【小島瑠璃子】――こじるり!……好きになってもいいですか?

+お気に入りに追加

『小島瑠璃子』

1712_P139_200.jpg

10月27日発売号の「フライデー」(講談社)にて、関ジャニ∞村上信五との“お泊まり愛”が報じられた小島瑠璃子。“元気っ子キャラ”の先輩・ベッキーのことがあるだけに「不倫じゃないだけよかった」という謎の安堵感があった。


 ああ……そんなことしたら、また女子に嫌われちゃうよ。

 41歳、独り身である己の失態を嘆いているわけではない。こじるりこと小島瑠璃子の話だ。

 今やバラエティや情報番組において絶対的なポジションを確立。それでいてこなれた様子は一切なく、キュートな見た目とハツラツとしたキャラクターで10代から中高年層までの男心をガッチリとつかんでいる。だがその半面、女性受けはいまいちの状態が続いていた。

 アンチからすれば、あの“万人受けしそうなキャラクター”は「計算高い」と映るようで、「そんなことにも気づかず、騙されているバカな男たち」という構図もイラ立ちの原因であるようだ。

 言っておくが我々「こじるりすと」(※こじるりファンの総称。今考えた)も彼女が「計算高い」ことぐらいとっくに気づいているわけで、むしろ「計算高いからカワイイ」とすら思っている。「計算高い」というのもいいように解釈すれば、「周りの空気を読んで行動できる」ということなわけで、ひいては「人の気持ちを考えることができる」ということではないだろうか。他人の気持ちを無視して、自己主張ばかりするOLよりも「あの人はどうやったら喜んでくれるかな?」と愛想を振りまくこじるりのほうが、断然カワイイに決まっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』