サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【59】/そんな【敦子】に騙されて
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【59】

別居はどちらが悪いという話ではない?――そんな『敦子』に騙されて

+お気に入りに追加

『前田敦子』

2008_IMG_3197_200.jpg

元AKB48・前田敦子と俳優の勝地涼の別居が「女性セブン」(小学館)にて報じられた。「離婚間近では?」との声もあがっている。ちなみに、前田敦子のモノマネでブレイクしたキンタロー。は、平穏な結婚生活を送れているそうだ。

「女性セブン」(小学館)7月9日号にて「前田敦子と勝地涼の別居生活」が報じられた。これを皮切りに他誌もこぞって「スピード離婚か?」などと色めきたっている。

 スポーツ紙などは、「私のことは嫌いでも、息子のことは嫌いにならないでください」という見出しを今にも打ち出しそうだが、あっちゃんはそろそろこの「私のことは嫌いでも……」というフレーズを商標登録したほうがいい。使用料を徴収したら結構な額になりますぜ。子育てには何かとお金がかかるのだから。

 しかしまあ、「別居」「別居」と騒がれているが、アンジャッシュ・渡部建のゲス不倫に比べたら、別居なんてのは、かわいい部類だ。そもそも今回の「女性セブン」の報道をざっくりまとめると、「あっちゃんは元来気性が荒いことで有名。それが妊娠・育児でより顕著になり、夫に当たり散らすこともしばしば。それに耐えられなくなった勝地が出ていった」ということなのだが、こんなのは「子どもが生まれたばかりの夫婦あるある」であって、特に珍しいことではない。

 独り身の私に言われてもなんの説得力もないだろうが、入念な聞き取り調査(友人・知人の飲みの席での愚痴)によると8割くらいは同じようなことで悩んでいる。ただ、別居するほどの財力がないから、みんな我慢して一緒に生活しているのである。なまじっか稼ぎがいいと別に部屋が借りられるという選択肢が出てきてしまうわけで、そう考えるとやっぱりあっちゃんは、商標登録してこれ以上稼いじゃダメ。ゼッタイ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE