サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【44】/深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【44】

崩壊する“恭子神話”……深キョン熱愛ショック!『恭子』から俺は!!

+お気に入りに追加

『深田恭子』

1903_P127_img001_200.jpg

「スポーツニッポン」(1月7日付)にて、深田恭子と不動産会社社長・杉本宏之氏の熱愛が報じられた。その後、「週刊文春」(文藝春秋)などで杉本氏の素行の悪さが報じられ、世間からは心配の声が上がっている。だが、心配している人たちの結婚生活は大丈夫なのだろうか?

 フリーアナウンサーの内田恭子、バルセロナ五輪平泳ぎの金メダリスト岩崎恭子、そして、女優の深田恭子。これが私の中の「日本・三大恭子」である。

 である。と言われても困るだろう。当然だ。そもそも私自身これを、若干持て余しているぐらいなのだから。要は40代のおっさんから見た“ソソる”「恭子三人衆」という話である。恭子と名がつく有名人がそんなにいないと言われればそれまでだが、10代、20代の頃から見続けていた彼女たちが、妻となり、母となり、誰かしらの恋人となり、穏やかで幸せな生活を送っているところにグッとくる。「浮気、不倫上等! 本能の赴くままに!!」みたいなのは、恭子にあって恭子にあらず。私が求める“恭子像”ではないのである。

 だが、そんな“恭子神話”はもろくも崩れ去った。まずは昨年11月の岩崎恭子の不倫・離婚報道である。この件に関しては当連載でも扱い、私としては「2年以上前から離婚を見据えて別居していたのだから、もはや不倫ではない」という見解だが、離婚は離婚だ。そして今回の本題、「スポーツニッポン」を皮切りに報じられている、深田恭子と新恋人との結婚を前提とした熱愛報道である。

 これ自体、不倫でもなんでもないので騒ぐことではないのだが、問題はお相手の不動産会社・シーラホールディングス会長・杉本宏之氏の素性である。バツ2、400億円の負債を抱えて破産した過去、2度目の離婚は最近で深キョンと付き合う直前まで愛人がいたなどなど、まあ私が親だったら反対するレベルだ。世間の声も否定的である。ただ、個人的には「行ったれ! 深キョン」という思いだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』