> 友清哲の検索結果

友清哲 の検索結果

連載
友清哲のビールの怪人【14】

春には満開の桜の前でビールを!――都市計画のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!

―― 去る5月末、文京区内の神田川沿いに、またひとつ新たなブルーパブが誕生した。その名も「カンパイ!ブルーイング」。

春には満開の桜の前でビールを!――都市計画のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
連載
友清哲のビールの怪人【13】

ホヤの研究から一転、ビール醸造の世界へ!――海外ビールの模倣ではないオリジナルを造りたい!

―― ブルワーには、意外な前職を持つ人が少なくない。当連載でもこれまで、アメリカ空軍、和食の料理人、ミュージシャンと、多彩なキャリアを持つ怪人たちにご登場いただいてきた。新宿「Vector Beer Fac...

ホヤの研究から一転、ビール醸造の世界へ!――海外ビールの模倣ではないオリジナルを造りたい!
連載
友清哲のビールの怪人【12】

大江戸ビール祭りの仕掛人がついに醸造に乗り出した!――ビールをたくさん飲むために自らブルワーに!

―― ビールに対する偏愛ぶりにもさまざまな形があるが、今回の怪人はなかなかすごい。

大江戸ビール祭りの仕掛人がついに醸造に乗り出した!――ビールをたくさん飲むために自らブルワーに!
連載
友清哲のビールの怪人【11】

元チューバ奏者のチェコ人が本場のピルスナーで勝負!――無濾過、無殺菌、副原料なし。本物のビールを提供!

―― 世界でもっともビールを飲む国は、ドイツでもアメリカでもなく、チェコだ。さらに日本人にとって一番馴染み深いビールである「ピルスナー」を生み出したのもこのチェコとなれば、親近感が湧かないわけがない。

元チューバ奏者のチェコ人が本場のピルスナーで勝負!――無濾過、無殺菌、副原料なし。本物のビールを提供!
連載
友清哲のビールの怪人【10】

琉球でビールを造る老舗酒販店の3代目――コザだからこそ、のビールでお客さんをお迎え!

―― 沖縄でビールといえば、なんといってもオリオンビールのイメージが強い。国内第5位のシェアを誇る、ビール党なら知らぬ者のない銘柄だ。

琉球でビールを造る老舗酒販店の3代目――コザだからこそ、のビールでお客さんをお迎え!
連載
友清哲のビールの怪人【9】

「ニコタマに地ビールを!」ママ友たちの華麗なる挑戦――苦節4年! 二子玉川初のブルーパブがオープン

―― 夕食の買い出しをする前に、駅前の飲み屋に集まって軽く1杯。誰からともなく「夕暮れ女子会」と名付けられた、二子玉川界隈のママ友たちのコミュニティから誕生したのが、「ふたこビール」である。

「ニコタマに地ビールを!」ママ友たちの華麗なる挑戦――苦節4年! 二子玉川初のブルーパブがオープン
連載
友清哲のビールの怪人【8】

不死鳥のごとく甦った孤高の天才ブルワー!――今度は変化球だけでなく速い直球で勝負!

―― 今から2~3年前、「万人受けするビールは造らない」と宣言し、颯爽と業界に登場したブルワーがいる。

不死鳥のごとく甦った孤高の天才ブルワー!――今度は変化球だけでなく速い直球で勝負!
連載
友清哲のビールの怪人【7】

すべて野生酵母で醸す、日本で唯一の醸造所――野生酵母でビールを造る伝説のパン屋さん!

―― ビールとは、酵母(イースト菌)で麦芽を発酵させて造るもの。実はこれは、パンの製法とよく似ている。ドイツでは、ビールを「飲むパン」と表現することがあるほどだ。

すべて野生酵母で醸す、日本で唯一の醸造所――野生酵母でビールを造る伝説のパン屋さん!
連載
友清哲のビールの怪人【6】

今はビール造りが人生の最優先事項――6次産業に活路を見出し山陰でビール造りに励む!

―― 鳥取市街から車でおよそ30分。鳥取県東部の鹿野町は、古き良きふるさとのムードを残す町だ。

今はビール造りが人生の最優先事項――6次産業に活路を見出し山陰でビール造りに励む!
連載
友清哲のビールの怪人【5】

自分で造れる酒はなんでも造ろうとする信念――ビールの世界を超越し始めた坊主&ヒゲの静かなる職人

―― 「果実酒製造免許を取得したんです」 押上のミヤタビールからそんな一報が飛び込んできたのは、この盛夏のことだった。

自分で造れる酒はなんでも造ろうとする信念――ビールの世界を超越し始めた坊主&ヒゲの静かなる職人
連載
友清哲のビールの怪人【4】

異色のラーメン屋が登場!――クラフトビールを武器にビジネスシーンを冒険中!

―― 昨今のブームが追い風となり、全国に続々と新たなブルワリーが登場しているが、横浜・上大岡に今春オープンした「麺や 天空」は、クラフトビールを醸造するラーメン屋という変わり種だ。

異色のラーメン屋が登場!――クラフトビールを武器にビジネスシーンを冒険中!
連載
友清哲のビールの怪人【3】

引き続きガハハと笑える安定経営を目指して!――映画の世界からビール道へ! 団地の一角で今日も笑う!

―― 地下鉄・東陽町の駅からほど近い団地の中。帰宅途中の主婦や子どもたちとすれ違いながら、目指す店舗へ歩いて行くと、早くも店内から快活な笑い声が聞こえてきた。江東区で初めてビールの醸造免許を取得したガハハビ...

引き続きガハハと笑える安定経営を目指して!――映画の世界からビール道へ! 団地の一角で今日も笑う!
連載
友清哲のビールの怪人【2】

料理人のキャリアと知恵が大きなアドバンテージに――和食に合う食中酒を求めてビールを造り始めた料理人

―― 白衣観音で有名な群馬県高崎市にシンキチ醸造所がオープンしたのは、今からちょうど2年前のこと。

料理人のキャリアと知恵が大きなアドバンテージに――和食に合う食中酒を求めてビールを造り始めた料理人
連載
友清哲のビールの怪人【1】

爆弾処理班時代の経験がビール造りに生きている――津軽にハマった元米軍兵がビールを造って町おこし

―― ビールを偏愛するブルワーは、個性豊かな変人ばかり。そんな視点からビールの魅力を掘り下げていこうというこの連載だが、初回からなんともインパクトの強いブルワーの登場だ。

爆弾処理班時代の経験がビール造りに生きている――津軽にハマった元米軍兵がビールを造って町おこし
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』