サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【4】/クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
連載
友清哲のビールの怪人【4】

異色のラーメン屋が登場!――クラフトビールを武器にビジネスシーンを冒険中!

+お気に入りに追加

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

1810_P126_img001_300.jpg
上大岡「ロトブルワリー」の営業時間は11:00~23:00。日曜定休。ラーメンのほか、天ぷらなどのつまみも大充実!  近い将来、念願の自家製ラムの製造も……?

 昨今のブームが追い風となり、全国に続々と新たなブルワリーが登場しているが、横浜・上大岡に今春オープンした「麺や 天空」は、クラフトビールを醸造するラーメン屋という変わり種だ。

 店舗内に併設されるブルワリーの名は「ロトブルワリー」。造ったビールは「上大岡ビール」の名で売り出し中で、系列のビアパプや寿司店、ショットバーなど周辺の数店舗で飲めるほか、商店街の催事に合わせて露店で提供することも。

 仕掛人の麻生達也さんが、地元・上大岡で飲食事業を手がけるようになったのは、今からおよそ10年前のこと。それまでは弁護士を目指して司法試験に挑んでいたが、33歳の時に断念。では、これから何をやるかと熟考したところ、飲食ビジネスに白羽の矢を立てた。

「年齢的に、今さら雇ってくれるところもそうないでしょうし、自分で何かをやるしかないと考えました。酒はもともと好きでしたから、バーテンダースクールに通って勉強し、バイトで実務を学んで、2009年にまずバーをオープンしたんです。幸いなことに、これが早い段階から軌道に乗り、翌々年にはさらにガールズバーをオープンすることとなりました」

 地元の強みか、それとも天性の商才か。それまで縁のなかった飲食業をすんなり成功させてしまった麻生さん。もともと3年以内に2店舗目を、10年以内に3店舗まで経営を広げる目標を立てていたそうだが、現在すでに計6店舗を手がけているから、あっという間に目標を超えてしまったことになる。

 そんな彼がビールに興味を持ち始めたきっかけは、たまたま口にしたスコットランド産の「パンクIPA」。ホップの利いたビールの魅力に目覚め、ほどなく関心は自家醸造へと広がっていく。

「バーで提供する酒は、ただ仕入れた酒をグラスに注ぐだけ。それはそれで確かな知識を要する仕事なのですが、どこか物足りなさを感じるようになり、そのうち“自分で造ったものを売ってみたい”と思うようになりました。本当は一番好きなラムを造ってみたかったけど、設備やノウハウの面でハードルが高く、比較的トライしやすいビールから始めてみようと考えたわけです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』