サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【25】/【秩父麦酒】の偉大な挑戦!

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

2009_IMGP6665_320.jpg
樽で寝かせたバレルエイジドビールをはじめ、「ビールの固定観念を捨て、どんどん新しいチャレンジをしていきたいですね」とにこやかに語る丹さん。

 埼玉県秩父市といえば、酒蔵やワイナリーを複数抱える土地柄であり、さらに最近では、秩父の蒸留所で生産されるウイスキー、「イチローズモルト」が世界的に有名だ。そこへ来て、クラフトビールの醸造所まで誕生したのだから、秩父は今や知る人ぞ知るお酒の王国になりつつあると言っても過言ではないだろう。

 秩父市・吉田地区に秩父麦酒が創業したのは、今から3年前のこと。ただし、仕掛人である丹広大さんは、埼玉ではなく函館生まれの道産子である。それがなぜ、地縁のない秩父でクラフトビールを手掛けることになったのか? ひもといてみると、その半生が実におもしろい。

「函館で高専を卒業して以来、ずっと土木業一筋で、全国の災害現場の復旧作業や橋梁設計、高速道路の補修などにあたっていました。ところが、心のどこかでずっと、業界のしがらみになじめずにいる自分を感じていて、27歳の時に思い切って会社を辞めることにしたんです」

 お酒はもともと大好きだったが、「安酒を一晩で何本も空ける、いかにも土建屋らしい飲み方をしていました(笑)」と振り返る丹さん。それでも興味が高じ、本業のかたわらバーや飲食店でアルバイトをしていた時期もあり、それがお酒に関する知見を深めるきっかけになった。

 そこで、ひとまず地元の飲食店で働き始めた丹さんだったが、ある日、人数合わせで呼ばれた合コンで運命的な出会いを得る。

「呼ばれるままに顔を出したら、皮膚科医をやっているという女性がいたんです。何を話していいのかわからず、一方的に3時間くらい橋梁設計の話をしてしまったのですが、幸いにも彼女はそれがツボにはまったらしくて……」

 それが現在の伴侶であり、秩父麦酒の共同代表の祐夏さんである。

「ただ、彼女は当時、医局勤務の医師で、全国を転々とする多忙な立場でした。出会った直後にまた次の地域への異動が決まったので、だったら料理番として着いて行き、全国を巡るのもいいかもしれないと考えたんです」

 埼玉県との縁も、元をたどれば祐夏さんの仕事の都合だったのである。

 といってもその間、丹さんは主夫業に専念していたわけではない。大学に編入して法社会学を学んだり、地域で災害ボランティアに取り組んだり、さらに格闘技の心得がある丹さんは、大宮のジムでトレーナー業まで始めてしまう。これが酒へのさらなる関心を喚起することになるのだから、人生というのはわからない。

「僕の役割は選手の育成ではなく、主に身体や心の機能を回復させる、ホリスティックな指導がメインでした。ある日、過度のストレスから酒に溺れてしまうという女性会員を担当することになり、考えたんです。『酒を辞めなさい』と言うのは逆効果でしょうから、むしろ知識や興味を育むことで、お酒との向き合い方を変えられるのではないか、と」

 この作戦はずばりと当たり、昨夜飲んだのがどんな酒なのか、世の中にはどんな酒があるのかを一緒に掘り下げていくうちに、女性会員の症状はみるみる改善されていったという。

 やがて妻の祐夏さんが秩父のお隣、皆野町の勤務医に落ち着くと、丹さんも住まいを置く秩父での活動を深めていく。そこで飛び込んできたのが、地元の老舗酒蔵が所蔵している、大型のビール醸造設備の存在だった。

「20年くらい前に地ビールメーカーが使っていたものが、回り回って誰にも使われずに眠っていたんです。だったらこの地域に新たな産業を作るために、自分で頑張ってみようと思い立ちました」

 購入した醸造設備は、クラフトビール黎明期の年代物だけに、他所ではあまりお目にかからないレア物だ。そのため使用法を解明するのがネックになったというが、同型設備の扱いに慣れた人材がジョインしたことで、無事に醸造開始にこぎ着けた。

 以来、次々に製品を送り出し、クラフトビールファンから高い評価を得ている秩父麦酒。最近ではイチローズモルトの樽でビールを熟成させたり、近隣のチーズ工房で秩父麦酒の製品を練り込んだチーズを発酵させたりと、コラボも進んでいる。コロナ禍で苦戦を強いられる飲食業界だが、そんな今だからこそ、地域の結束が高まっているのかもしれない。

 丹さんは、秩父麦酒の将来展望をこう語る。

「自分が現役でやれるのは、短く見積もればあと20年程度。その間にどうにかこの事業を育てて、次の世代に引き継ぐことができれば理想的ですね」

 秩父麦酒はいつかこの地域にお返しするもの、というのが丹さんの理念。最高にカッコいい地域貢献の形である。

友清哲(ともきよ・さとし)
旅・酒・洞窟をこよなく愛するフリーライター。主な著書に『日本クラフトビール紀行』(イースト新書Q)、『一度は行きたい「戦争遺跡」』(PHP文庫)ほか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ