サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【1】/元米軍兵が【ビール】を使って町おこし

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

1807_main_img001_300.jpg
元アメリカ空軍所属のギャレス・バーンズさん(34)。Be Easy Brewingに併設されたビアパブ「ギャレスのアジト」では、醸造したてのフレッシュなビールの数々が味わえる。

 ビールを偏愛するブルワーは、個性豊かな変人ばかり。そんな視点からビールの魅力を掘り下げていこうというこの連載だが、初回からなんともインパクトの強いブルワーの登場だ。

 青森県弘前市に「Be Easy Brewing」が立ち上がったのは、今から1年半ほど前のこと。店主のギャレス・バーンズさんは、もともとアメリカ空軍に在籍し、爆弾処理班で活躍していた人物。……って、もうこの経歴だけで、ジョッキ3杯は空けられそうですね。

 ではなぜ、アメリカの軍人さんが日本で、それも津軽の地でビールを造ることになったのか?

「18歳で空軍に入隊し、23歳まで爆弾処理班で仕事をしていました。具体的には、大統領などの要人がホテルに宿泊する際など、FBIと連携しながら事前に施設をクリーンアップするのが任務。爆弾を探すチームが別にいて、もし発見されたら、僕らがそれを処理するんです」

  まるで学生時代のバイト歴を語るような口調だが、もちろん任務は命懸け。当時の同僚には、手や足を失った人も少なくないのだとか。

「最後の2年間は三沢基地に配属されました。これが青森との縁の始まり。青森の冬は寒いけど、故郷のフィラデルフィアにも四季があるので、そのメリハリが心地よかったんです。軍との契約を終える頃、退役して腰を落ち着けるならここだなと、辞めて英会話スクールの講師をやろうと決めました」

 ちなみにこの時、転職先となったのが経営破綻直前のNOVAだった。2カ月ほど講師として働いたものの、前触れなく会社が潰れ、結局ギャレスさんは1円も給料を受け取ることなく職を失ってしまったという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』