サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【8】/不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
連載
友清哲のビールの怪人【8】

不死鳥のごとく甦った孤高の天才ブルワー!――今度は変化球だけでなく速い直球で勝負!

+お気に入りに追加

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

1902_tokaido_beer_300.jpg
川崎駅から徒歩10分、旧東海道沿いに登場した「東海道BEER 川崎宿工場」。マニア層から熱視線を浴びる、田上達史さん(39)の第2章が始まった!

 今から2~3年前、「万人受けするビールは造らない」と宣言し、颯爽と業界に登場したブルワーがいる。

 前職は物理の講師という変わり種で、ハーブやスパイスをフレーバーに、よそではまずお目にかかれない個性的なビールを次々にリリース。なにしろ製品名からして、「無意識の承認」や「崇高な侵略者」など異彩を放つものばかり。神奈川県川崎市内に掲げた「風上麦酒製造」の看板は、ビールの世界に新風を巻き起こしたいとの想いを込めてのものだったが、その理念の通りに熱烈なファンを増やしていった。それが、田上達史さんである。

 そんな風上麦酒製造が惜しまれながら閉鎖したのは、醸造開始からわずか1年半後のこと。これは文字通り“不幸な事故”によるものだった。

「原チャリを運転中に自動車と接触し、全身に大怪我を負ってしまったんです。特に肩や腰の状態が酷くて、医師からは『もう元には戻らないかも』とまで言われました。これではビールは造れませんから、きっぱりと足を洗い、物理の講師に戻ることにしました」

 ところが、田上さんは奇跡的ともいえる復活を遂げる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』