サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【14】/【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
連載
友清哲のビールの怪人【14】

春には満開の桜の前でビールを!――都市計画のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!

+お気に入りに追加

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

1908_IMGP5554_300.jpg
取材の時点で、オープンからちょうど1カ月。今後は「地域のイベントにも協力して盛り上げていきたい」と、荒井祥郎さん(46歳)は張り切っている。

 去る5月末、文京区内の神田川沿いに、またひとつ新たなブルーパブが誕生した。その名も「カンパイ!ブルーイング」。

 1階にビアバー「グランズー」を、そして2階と3階に醸造所を設置し、オープン初日には周辺住民を中心に200人もの人出があったというから、まずは幸先のいいスタートを切ったと言えるだろう。

 ちなみにこの建物は、なんと自社物件。ブルワーの荒井祥郎さんが数年前に、「いつか何かに使えるだろう」と購入した土地に、ブルーパブとしてイチから設計したものだ。

「老後に備えて賃貸住宅を建てたり、駐車場にしてもよかったのでしょうけど、それでは街の風景は何も変わりません。もっと面白いことができないかと考えていたところ、マイクロブルワリーという業態を知ったんです」

 そんな荒井さんの前職は、都市計画の専門家。都市計画とは、その地域の将来を見越して必要な事業や規制をプランニングすることで、荒井さんは自治体のブレーンとして長らく活躍してきた。

 では、そんなエリート臭漂うキャリアの持ち主が、なぜビール造りを志すようになったのか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』