サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【22】/【元校長先生】が地域のために一念発起!
連載
友清哲のビールの怪人【22】

中学校の元校長先生が地域のために一念発起!――NO PLAY, NO ERROR! 失敗を恐れず挑戦する!

+お気に入りに追加

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

2005_bi-ru_IMGP6539_30.jpg
JR水戸線・結城駅から徒歩10分。居酒屋「LOTUS」の一角に、結城麦酒醸造は誕生した。ブルワー・塚越敏典さんの自慢のラインナップをぜひ味わってほしい。

 異業種からの転身が珍しくないクラフトビールの世界。今回ご登場いただく茨城県・結城麦酒醸造の塚越敏典さんは、中学校の元校長先生というユニークなキャリアの持ち主だ。

「本当は教員になるつもりなんてまったくなかったんです。ところが、公務員になってほしいという親の強い希望から教職課程を取り、結局そのまま教員になってしまいました」

 翻意のきっかけは、教育実習で子どもたちから「ぜひ先生になってほしい」と熱望されたことだった。

「そんなに必要としてくれるのなら、誰もが納得するいい先生になってやろうと。37年間の教員生活はいろいろありましたが、結果的には定年まで勤め上げ、このブルワリーを立ち上げる際も、かつての教え子たちが設計や施工などさまざまな面で手伝ってくれました。これでよかったのでしょうね」

 そう言って微笑む塚越さんが、結城市内に結城麦酒醸造をオープンしたのは、昨年7月のことだ。

 一昨年の3月に地元の結城中学校長を定年退職した後は、再任用で県内の美術館職員に収まった。これが「週4日勤務で高待遇」だったそうだが、塚越さんはほどなく舵を切り替える。

「ずっと教え子たちに、失敗を恐れず挑戦しろ、なんらかの分野で名を成す人間になれと言い続けてきました。それなのに、自分はこのままのんびりと第二の人生を送っていていいのかなと、疑問を感じ始めたんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE