サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【27】/サッカー好きが贈るビールの【暴動】
連載
友清哲のビールの怪人【27】

無類のサッカー好きが贈るビールの美味しい“暴動”――今度はアイリッシュ系のビールにも挑戦!

+お気に入りに追加

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

2012_IMGP6774_300.jpg
小田急線・祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩数分。ライオットビールは住宅街のど真ん中にある。近隣住民にとっては憩いの1杯にありつける好スポットだ。

 RIOTとは「暴動」を意味する単語。何やら物騒なネーミングのライオットビールが世田谷区内に誕生したのは、2018年のことである。もっとも、RIOTにはスラングとして「めちゃくちゃ面白い」という意味もあるのだそう。つまり、ビール党にとっての面白い場作りをモットーに掲げているに違いない――と思いきや、さにあらず。

「店名に深い意味はないんです。ロックの世界ではよく使われる言葉で、語呂がいいのでなんとなくこの名前に落ち着きました(笑)」

 そう明かすオーナーブルワーの江幡貴人さんは、もともと金融機関に勤務するエンジニア。それがなぜ、ビールの世界に転身することになったのか?

「昔からサッカーが大好きで、20代の頃はスポーツバーのようなところでよく飲んでいたんです。最初はあくまで試合を観るのが目的でしたが、そこで飲むヨーロッパのビールにハマってしまって……。これまで飲んでいたビールは一体なんだったんだと、衝撃を受けました」

 まだ日本のビール市場が大手のラガーで占められていた時代に、エールビールの口当たりの良さ、香り、そして軽やかな味わいの虜になってしまったという江幡さん。やがてベルギービール専門店などにも出入りするようになり、江幡さんは着々とビールへの造詣を深めていく。

 決定的だったのは、転職のタイミングでヨーロッパを放浪したことだ。

「サッカーの試合が観たくてあちこち転々としていたのですが、行く先々でさまざまなマイクロブルワリーに出会ったんです。スタイルに関わらずフレッシュなビールはどれも本当に美味しくて、次はビールに関わる仕事ができないかと、漠然と考えるようになりました」

 しかし、世はリーマンショックの真っただ中。手持ちのキャッシュをほとんど使い果たしていたという江幡さんは、ひとまずエンジニア職に戻ることになるが、ビール熱は収まらない。そのうち会社員生活のかたわらビール造りを教えるスクールに通い始めると、そこで現在の共同創業者である2人の同志と出会ったことから、一気にブルワリー設立の計画が進みだした。

 2年前の4月に、まずはビアパブとしてライオットビールをオープンさせると、翌5月から醸造をスタート。モチベーションの源は、麦芽の風味をしっかり効かせたイングリッシュスタイルのビールを日本で広めることだったが、そこにアメリカンホップを投じることで、欧米の長所をミックスさせる手法に行き着いた。

 反響は上々。すぐに近隣住民を中心に、多くのファンが足を運ぶようになった。江幡さんはこの2年半を、次のように振り返る。

「飲食業の経験がなかったので、特に1年目は慣れないことばかりで大変でした。それにビール造りがこれほど体力を要する仕事であるというのも、やってみて初めてわかったことです。ビジネス面でも、まだまだもうひと頑張りしなければなりません」

 一方で、こんな喜びもある。

「自分は本来、手先の器用な人間ではありません。それでも理系の知識を生かして、こうしてモノづくりの仕事ができるのは、ビールだからこそ。狙った通りの味に仕上がった時は、たまらない気持ちになりますよ」

 ところで、ホップの自家栽培に関心を持つブルワーは少なくないが、江幡さんもまた、ユニークな取り組みを行っている。世田谷区内の農家と連携し、ビールを醸した後に出る麦芽のカスを、ホップを育てるための肥料として活用しているのだ。

「ビール醸造の過程では、大量の麦芽カスが発生します。これは本来、産業廃棄物なので処分するのにコストがかかりますが、肥料として引き取ってもらえる上、育てたホップが手に入るのですからまさに一石二鳥。農家さんの側としても、動物の糞よりも麦芽のほうが堆肥として扱いやすいそうですから、これは互いにメリットのある取り組みといえます」

 収穫量の問題から生産数は限られているが、ラッキーなことに今回の取材の際、自社の麦芽カスで栽培したホップを用いたヘイジービールにありつくことができた。フレッシュホップの芳醇な香りはまるでオレンジのようで、世界でここだけでしか飲めない、マイクロブルワリーの醍醐味が詰まった一品だったことを報告しておきたい。

 今後は醸造所の拡張も視野に入れながら、生産数を増やして、より多くの人に自社製ビールを飲んでもらうことが目標だと語る江幡さん。世田谷発の美味しい“暴動”が、これからどこまで拡散していくのか実に楽しみだ。

友清哲(ともきよ・さとし)
旅・酒・洞窟をこよなく愛するフリーライター。主な著書に『日本クラフトビール紀行』(イースト新書Q)、『一度は行きたい「戦争遺跡」』(PHP文庫)ほか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ