サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【13】/【ホヤの研究】から一転、ビール醸造の世界へ!
連載
友清哲のビールの怪人【13】

ホヤの研究から一転、ビール醸造の世界へ!――海外ビールの模倣ではないオリジナルを造りたい!

+お気に入りに追加

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

1907_IMGP5154_300.jpg
理系らしい理知的なトークでビール愛を語ってくれた木水朋也さん(31歳)。「人手不足が悩みのタネ」という多忙ぶりも、ファンに認められているからこそだ。

 ブルワーには、意外な前職を持つ人が少なくない。当連載でもこれまで、アメリカ空軍、和食の料理人、ミュージシャンと、多彩なキャリアを持つ怪人たちにご登場いただいてきた。新宿「Vector Beer Factory」の木水朋也さんもまた、学生時代をホヤの研究に捧げながら、現在はブルワーとして辣腕を振るう変わり種だ。まずは、なぜホヤに興味を持ったのか、広島大学理学部在籍時代を振り返ってもらおう。

「実はたいした目的意識はなくて、仲のいい先輩がいた研究室を選んだだけなんですよ。でもこれが意外と面白くて、具体的にはホヤがどのようにしてバナジウムを高濃度で濃縮しているのかを研究していました」

 ホヤにはバナジウムという金属が高濃度で含まれる。しかし、なぜホヤだけがバナジウムを濃縮するのか、それがどのような仕組みで行われているのかは、一切わかっていないのだという。

 でも、この研究は一体、なんの役に立つのだろうか?

「バナジウム自体はさして有用な金属ではないですが、その仕組みを解明できれば、海水のイオンからレアメタルを回収できるようになるかもしれません。……というのが表向きの目的で、本音としては単に気になるから研究していたにすぎません(笑)」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』