サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【20】/大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

2002_P126_IMGP6493_300.jpg
大手メーカーでの醸造経験を持つ、「さかづきブルーイング」オーナーブルワーの金山尚子さん。今夏には、同じく北千住に2号店をオープンさせる予定だ。

 2016年のオープン以来、北千住で絶大な人気を博している「さかづきブルーイング」。オーナーブルワーの金山尚子さんは、もともとアサヒビールに勤務したキャリアを持つことでよく知られている。同じビール業界とはいえ、大手から独立してのマイクロブルワリー開業は、意外と聞かないパターンだ。

「アサヒビールには9年ほど在籍し、キャリアの半分は工場で醸造を、もう半分は研究所で商品開発などに携わっていました」

 ちなみに金山さんが当時手がけた商品のひとつに、世界各国のビアスタイルを展開する「世界ビール紀行」シリーズ(※10年リリース)がある。ドイツのメルツェンタイプやベルギーのベルジャンエールタイプなど、その多彩なバリエーションは今日のクラフトビール・ブームに通ずるものがある。

 それにしても、なぜ大手メーカーで活躍していた金山さんが、独立してクラフトビールの醸造を手がけることになったのか?

「研究所に勤務していた頃に、イギリスやアメリカのビール工場を視察させてもらう機会があり、そこで現地のブルワーたちがすごく楽しそうにビール造りに取り組んでいるのを見て、なんだかうらやましくなってしまったんです。いつか彼らのように自由にビール造りに取り組んでみたいと、ずっと考えていました」

 やがて独立の決意を固め、金山さんは退職して物件探しをスタート。

「自分でブルーパブを始めるにあたって決めていたのは、地元の人にもたくさん来てもらえるように、賑やかな商店街のある街でやろうということでした」

 そこであちこち見て回った結果、老若男女でにぎやかな北千住に白羽の矢を立てた。しかし、人気エリアだけに、好条件の物件はそうそう出てくるものではない。そこで金山さんは一計を案じる。

「条件のいい店舗物件はレアですし、そもそも競争率が高いので、私のように実績のない人間は不利。そこで店舗物件を探すのではなく、リフォームOKの住居物件に狙いを定めて交渉してみることにしました。すると、ちょうどマンションの1階部分を改装してもいいと言ってくれているオーナーさんが見つかって、住居2軒分をつなげて、醸造所とレストランを置くことにしたんです」

 ビール醸造に必要な設備は熟知しているから、店舗の設計にあたっては金山さん自らエクセルで図面を引いたという。もちろん、改めて醸造修業を積む必要もない。会社員時代の経験は、至るところに生かされている。

「ただ、エールビールの仕込み経験はあまりなく、スパイスやフレーバーの使い方など、一から学ばなければならないこともたくさんありました」

 何より苦労したのは、生産管理だという。

 当初はじっくりと自分なりのビール造りに取り組みたいと考えていたが、オープン直後から連日満員の大盛況。次から次にビールを仕込まなければならず、期せずして慌ただしい日々が始まった。でも、これはうれしい悲鳴だろう。

 現在、ラインナップは多いときで9種類。ユニークなのは、ペールエールやヴァイツェンといった自社製エールビールに混じって、タップに「アサヒスーパードライ」がつながれていることだ。

「やはりスーパードライのクオリティは秀逸で、いろんなタイプのエールビールを知ったあとだからこそ際立つ美味しさがあります。逆もまたしかりで、まずは飲み慣れたスーパードライを飲んでから、クラフトビールの多様性に触れていただくのもいいでしょう。どちらのビールも相乗効果でより美味しく味わってもらえるとうれしいですね」

 そしてオープンから3年にして、早くも2号店の開業準備を進めている。現在の店舗が置かれているのは北千住駅の東口側だが、反対の西口側に3階建ての物件をすでに押さえているという。

 順当なら今夏にもこの2号店に 「さかづきブルーイング」を移し、現在の店舗は「さかづきラボ」と名を変え、より実験的で攻めたビールを提供する構想だという。こちらも楽しみだ。

 まさにノリにノッている様子の金山さん。最後に、今後の目標を聞いてみた。

「ラガービールを造ってみたいですね。スパイスやフレーバーで飾らないラガーは実はとても繊細なビールです。いわば、化粧をせずにすっぴんで勝負しなければならない分野ならではの難しさがあると思います」

 だからこそブルワーとして燃えるものがある、というわけだ。「さかづきブルーイング」の、さらなる躍進に期待しよう。

友清哲(ともきよ・さとし)
旅・酒・洞窟をこよなく愛するフリーライター。主な著書に『日本クラフトビール紀行』(イースト新書Q)、『一度は行きたい「戦争遺跡」』(PHP文庫)ほか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ