サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【18】/麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
連載
友清哲のビールの怪人【18】

世界初! 麦芽を使わず麹でビールを仕込む怪人登場――他の醸造メーカーの活路は、ビール!?

+お気に入りに追加

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

1912_P116_img001_300.jpg
最近、「メディアからの取材オファーが増えてきました」と語る木下伸之さん。オリゼーブルーイングの1Fは立ち飲み可能なので、ぜひお立ち寄りを。

 ビールの原料は麦である。より厳密にいえば、大麦を発芽させた麦芽を酵母で発酵させるのが一般的なビールの製法だ。

 ところが、麦芽を一切使うことなく、麹でビールを造るブルワーが和歌山県にいるという。一体なぜ、そんな酔狂な試みを思いついたのか? そもそも、麹で醸すビールは美味いのか? 頭の中が疑問符でいっぱいになるのを感じながら、さっそく「オリゼーブルーイング」がある和歌山県和歌山市へと飛んだ。

 JR和歌山市駅から徒歩3分の好立地に立つブルワリーで出迎えてくれたのは、オーナーブルワーの木下伸之さん。ブルワリーの立ち上げは今年の6月だが、木下さんはここで5年前から醸造工房を営み、甘酒由来のスポーツ飲料やコンブチャ(紅茶キノコ)の製造・販売を手がけてきた。まず、その社会人キャリアがなかなか興味深い。

「大学卒業後、2年間醤油メーカーに勤めた後、一度は東京で音楽活動を行っていました。その後、再び会社員に戻り、熊本の醸造メーカーや福岡の清酒メーカーなどの職を経験し、最終的に地元の和歌山でこの工房を起業しています」

 つまり、そのキャリアは醸造や発酵と共にあったと言っていい。そのため当初はビールではなく、日本酒造りに関心を持っていたという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号