サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【7】/【野生酵母】でビールを造る伝説のパン屋さん
連載
友清哲のビールの怪人【7】

すべて野生酵母で醸す、日本で唯一の醸造所――野生酵母でビールを造る伝説のパン屋さん!

+お気に入りに追加

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

1901_P117_img001_300.jpg
「タルマーリー」を全国区の人気店に育て上げた渡邉格さん&麻里子さんご夫妻。格さんの著書、『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』(講談社)も好評発売中。

 ビールとは、酵母(イースト菌)で麦芽を発酵させて造るもの。実はこれは、パンの製法とよく似ている。ドイツでは、ビールを「飲むパン」と表現することがあるほどだ。

 つまり、パンとビールは非常に親和性が高いわけだが、実際にビール造りに乗り出したパン屋がある。現在は鳥取県智頭町に拠点を置く「タルマーリー」だ。

 元はサラリーマンだった渡邉格さんが、パン職人の道に転向したのは31歳の時のこと。そして2008年には千葉県いすみ市で、伴侶の麻里子さんと共に「タルマーリー」をオープン。天然酵母にこだわったパン造りが話題を集め、2人はこれをあっという間に全国区の人気店に押し上げてしまう。製パン業界において、今やその知名度は伝説的と言っていい。

 その後、「タルマーリー」はより良質な環境を求めて、11年に岡山県真庭市勝山に移転。現在の鳥取は、はや3つ目の拠点ということになる。

「酵母や麹、乳酸菌など、発酵に関わるすべての菌を天然で賄おうと思ったら、どうしても田舎へ向かわざるを得なかったんです。といってもいつも行き当たりばったりで、勝山に移った時も、古い町並みが残った地域ならなんとなくいい菌が採れそうな気がして、イメージだけで行動してしまいました」

 そう振り返って笑う格さん。聞けば、10代の頃はパンクロッカーとして大暴れしていたそうだから、そんな直感的な生き方もなんだか納得してしまう。

 対象的にしっかり者なのが麻里子さんだ。しばしば「違うでしょ。すぐ話を盛るのはやめなさい!」とピシャリ。仲良きことは美しきかな。実にいいコンビなのである。

 さて、天然酵母のパン屋さんとして知名度を上げていく一方で、格さんは少しずつビールへの関心を高めていく。きっかけはパン造りにビール酵母を使い始めたことだった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』