サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【36】
連載
友清哲のビールの怪人【36】

2人の20代が仕掛ける呉の新たなクラフトビール

+お気に入りに追加

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

2202_P128_IB_300.jpg
ベトナム仕込みの醸造手腕に期待!
現役大学生でもある藤戸淳平さん。ビールをベースにしながら、BBQやグランピングなど、レジャー需要も開拓していく予定だ。

広島県の呉ビールが廃業したとの悲報が飛び込んできたのは、昨年初頭のことだった。呉ビールの設立は1995年で、いわゆる“地ビール”ブームの頃からの生え抜き銘柄だ。設備の老朽化やコロナ禍などさまざまな問題を抱えていたとはいえ、古参ブルワリーの退場はフリークを大いに落胆させたものである。

ところが同年4月、そんな呉市に新たなクラフトビールメーカーが立ち上がった。醸造開始に向けて、着々と準備を進めている、「IB BREWING」だ。ヘッドブルワーの藤戸淳平さんは、なんと横浜市立大学に在学中の現役大学生である。

「生まれが横須賀で、国際色豊かな地域で育ったせいか、昔から海外に興味を持っていたんです。そこで20歳の時に休学し、国際ボランティア団体のプログラムを使って、世界一周の旅に出ることにしました。2017年4月から1年かけて35カ国を巡ったのですが、ビールと出会ったのもその道中でのことです」

まだ英語力がおぼつかないうちは特に、ビールは貴重なコミュニケーションツールになったと藤戸さんは振り返る。

「それなりに英語の勉強はしていましたが、いざ海外へ出てみると、気恥ずかしさもあってなかなか思うように話せません。そこでアルコールの力を借りると、すっと気持ちが楽になって積極的になれることに気がついたんです。ビールは誰とでも気軽に乾杯できる飲み物ですし、特にヨーロッパでは水より安価なので、向こうにいる間は本当に重宝しましたね」

旅で知見を広げ、ビールで世界を広げた藤戸さん。これを題材に起業しようと考えたのも、案外自然な成り行きだったのかもしれない。

そんな藤戸さんのケースがユニークなのは、卒業を待たずにベトナムのブルワリーに直談判し、もう1年休学してブルワー修行を始めてしまった点だ。

「単に国内のブルワリー事情に疎かったというのもありますが、僕の場合は海外のビールが入口だったので、そのカルチャーを大切にしたかったんです。欧米ではなくベトナムを選んだのは、各国をまわった経験上、自分にとって暮らしやすいのがアジアだったからでした。それに起業を念頭に置くなら、日本との距離が近いほうが便利ですしね」

ベトナムもまた、クラフトビールブームに沸いている。当初は営業からのスタートだったが、ビール造りを基礎から学ぼうと、醸造担当に配置転換。トータルで半年間の修行を積んだところで、世界がコロナ禍に見舞われた。これがひとつの転機となる。

「20年の3月に、社用でいったん日本に帰ってきたのですが、そのまま戻れなくなってしまいました。そこで、ベトナムでお世話になっていたブルワリーにOEM生産を依頼する形で自分のビールブランドを立ち上げたところ、海外ボランティアで一緒だった仲間から『ビールをやるなら一緒にやろうよ』と声がかかり、国内にブルワリーを造ることになったんです」

藤戸さんは現在24歳。ビジネスパートナーである西原総司さんが22歳。若き2人が新ブルワリー設立の場に選んだのは、呉市の市原地区という限界集落だった。ここは3年前の西日本豪雨で、甚大な被害を受けた場所でもある。

「西原が3年前にボランティアで訪れたのがご縁の始まりです。災害後はさらに住民が減り、現在は10世帯ほどしか暮らしていない消滅寸前の状態ですが、この美しい自然に囲まれた地域をどうにか再生させたいという想いで、ここでブルワリーを始めることに決めました」

ただし、被災地であることを売り文句にするつもりはない。本当に美味しいビールを発信してこそ、サスティナブルな事業になると藤戸さんは言う。その点、ベトナム仕込みのブルワーが造るビールというのは、それだけでもオリジナリティを感じさせ、話題性は十分だ。

「呉ビールさんと入れ替わりのタイミングになったのは、本当にたまたまなんです。おかげでメディアにも注目してもらえたのはラッキーでした」

ブルワリーを置く古民家の改装工事も間もなく終える。順当なら今春にも醸造を開始する予定だ。

「何もない僻地ではありますが、市原は空港からも新幹線停車駅からも30分ほどでアクセスでき、意外と便利なんです。行く行くはビールだけでなく、周囲の自然や環境をコンテンツにしながら、観光地として盛り上げたいですね」

目下、最大の障壁は卒論だと笑う藤戸さんが、これからどのようなビールを世に送り出していくのか、興味は尽きない。

友清哲(ともきよ・さとし)
旅・酒・洞窟をこよなく愛するフリーライター。主な著書に『日本クラフトビール紀行』(イースト新書Q)、『一度は行きたい「戦争遺跡」』(PHP文庫)ほか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年4・5月号

バーレスク東京・ももグラビア

バーレスク東京・ももグラビア

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ