サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【11】/元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

1905_beer_1905_ph_300.jpg
本誌のグラビアページを大いに気に入ってくれたレハクさん(44歳)。「EBINA BEER」は先の「ホリエモン万博」にも出展し、大好評を得たばかりだ。

 世界でもっともビールを飲む国は、ドイツでもアメリカでもなく、チェコだ。さらに日本人にとって一番馴染み深いビールである「ピルスナー」を生み出したのもこのチェコとなれば、親近感が湧かないわけがない。

 そんなチェコ出身のトーマス・レハクさんが、神奈川県海老名市で2年前にオープンしたのが「EBINA BEER」である。

 レハクさんはもともと、世界トップ級のチューバ奏者。プラハ国立歌劇場管弦楽団やプラハフィルハーモニー管弦楽団などに参加し、20年にわたって各国のステージに立ってきた凄腕中の凄腕だ。おまけにマット・デイモン主演のイギリス映画『ブラザーズ・グリム』に出演したり、日本で一青窈のツアーに参加したり、はたまた人気RPG『ファイナルファンタジー』のサウンド制作に携わったりと、縦横無尽に活躍してきた演奏家なのだが、それがなぜ、こうして日本でビールを造っているのだろうか?

「2001年にツアーで初めて日本を訪れた際、きれいで安全な町並みに感激し、一気にこの国の虜になってしまいました。日本のことをもっと知りたいと思いましたが、当時は日本語がまったくわかりません。そこで誰かガイドしてくれる人がいないかと、インターネットで探し始めたんです」

 そこで見つけたのが、現在の妻・史香さんだった。

 面識のないまま1年ほどメル友状態を続けるうちに、すっかり意気投合した2人。当然、リアルでの邂逅を模索することになる。マッチングアプリ全盛の昨今からすると、ネット恋愛の草分け的存在と言ってよさそうだ。

「当初はどこかチェコと日本の中間、例えば上海あたりで会おうと言っていたんですけどね。結局、彼に呼ばれるまま、私がチェコへ遊びに行くことになりました」(史香さん)

 果たして、首都プラハで初対面した2人はすんなり交際に発展。史香さんはそのままチェコで暮らす決意をし、慌てて実家から生活用品を取り寄せたというから、なんともドラマティックな出会いである。

 一方、レハクさんは自他共に認める大のビール党でもあった。チェコでは珍しいことではないようだが、自宅でビールを醸すホームブルーイングにも熱心で、いつかこれを仕事にしたいという願望を持っていた。

「音楽とビールは、どちらも自分の人生に欠かせないものです。このうち音楽については、幸いなことに20年間、存分に打ち込むことができました。しかし40歳に近付くにつれ、ビールをやるなら決断しなければならない、と考えるようになったんです」

 2人の子宝に恵まれ、プラハで幸せな生活を送ってはいたが、ビールで商売を始めるならばと、一家は悩んだ末に日本移住を決断する。

「チェコは行政の都合で制度がころころ変わるんです。プラハでの開業も考えましたが、手続き関係が本当に面倒で。日本も書類が多いイメージですけど、チェコはそれ以上です」

 そうして移住が実現したのが、16年のこと。移住先に海老名市を選んだのは、ここが史香さんの故郷であったためだ。なにより、海老名駅前は近年、急速に再開発が進められ、新たにブルーパブを開くにはうってつけ。角地の路面店という理想的なテナントも、元農家のオーナーがビール造りに全面的に賛同してくれたことから、スムーズに契約がまとまったという。

 かくして、順調にスタートをきった「EBINA BEER」。レハクさんの造るビールは早くもフリークの間で話題になっており、とりわけ評価が高いのがピルスナーだ。

「僕たちチェコの人間に言わせれば、日本で飲まれてきた大手のピルスナーはまだまだですよ。自分なら本当に美味しいビールを皆さんに提供できると確信していました」

 そう胸を張るレハクさん。とはいえ、長らくビールといえばピルスナーしか知らなかった日本人の舌だって、それなりに肥えているはずだ。半信半疑でレハクさんが造ったピルスナーをぐいっと飲んでみると……これが驚愕の美味!

「日本のビールはコンスターチなどを使ったものが多いですが、チェコではそうした副原料は一切使いません。つまり、純粋に麦とホップと酵母、そして水の味だけ。しかも無濾過、無殺菌にこだわっています」

 これぞ産地直飲のブルーパブの醍醐味。今年に入ってからボトル販売もスタートし、より多くの人に飲まれることになりそう。

 今後は「とにかくビジネスとしてもっと大きく育てたい」と目標を語るレハクさん。元チューバ奏者の果敢な挑戦に、引き続きご注目いただきたい。

友清哲(ともきよ・さとし)
旅・酒・洞窟をこよなく愛するフリーライター。主な著書に『日本クラフトビール紀行』(イースト新書Q)、『一度は行きたい「戦争遺跡」』(PHP文庫)ほか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ