サイゾーpremium  > 連載  > 友清哲のビールの怪人【15】/伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
連載
友清哲のビールの怪人【15】

伊賀の里でビールを仕込む忍者ブルワー見参!――体が動く限りビールを造り続ける!

+お気に入りに追加

――すべてのビール党に捧ぐ、読むほどに酩酊する個性豊かな紳士録。

1909_R0291446_300.jpg
房出勝彦さんが20年以上にわたって生み出してきたビールの数々は、忍びのごとく“知る人ぞ知る”存在であり続けてきた。そんなレア感も、クラフトビールの醍醐味だ。

「サイゾーさんってことは、やはりアレですか。忍者関連の企画か何かですか?」

 開口一番、そんな疑問を口にしたのは、「エール工房de伊賀」を営む房出勝彦さんである。

 なるほど、本誌の誌名の由来のひとつが、戦国時代に活躍した忍者・霧隠才蔵にあることは筆者も承知していたが、もちろんこれは単なる偶然。今回、「エール工房de伊賀」を訪ねたのは、あくまでそこに特筆すべきブルワーがいたからにほかならない。

 三重県伊賀市といえば、言わずと知れた忍の里。その昔、伊賀流忍者の本拠地として栄えた歴史には、近年のインバウンドブームでいっそう注目が集まっている。

 そこで外国人観光客向けに地ビールを造ってひと儲け――と思われそうだが、さにあらず。房出さんがクラフトビールの醸造を始めたのは今から20年以上も前、1998年のことなのだ。

「もともとは親の代から、伊賀市の名物である組みひもを作る仕事をしていたんです。ところが産業として徐々に衰退し、これは先々食えなくなるかもしれないと焦り、商売替えを考えるようになりました」

 ブルワー転向のきっかけは、思わぬところにあった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』