> 201406の検索結果

201406 の検索結果

ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

芸能スクープ記者も提言! 競馬とキャバクラと芸能界のタニマチで考える“AKB48総選挙”の虚と実

――  6回目の総選挙は中間発表では一位だった指原莉乃を二位の渡辺麻友が抜いて堂々の一位に輝いた。ファンは一喜一憂しただろうが、改めてこの総選挙を考えてみたい。握手券同様、選挙の投票もCDを購入しないと投票...

芸能スクープ記者も提言! 競馬とキャバクラと芸能界のタニマチで考える“AKB48総選挙”の虚と実
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

プレゼントに使用済みコンドーム? AKB48のこぎり事件から考える芸能人の“革新と劣化”

――  トップに立つ芸能人は「銀幕スター」「トップ歌手」と呼ばれ、文字通り「スター(星)」の如く輝き、庶民からは手の届かない神秘的な存在だった。握手はもちろん、撮影、サインなどしてもらえるのは奇跡的なことで...

プレゼントに使用済みコンドーム? AKB48のこぎり事件から考える芸能人の“革新と劣化”
ニュース
【premium限定ニュース】

出演者が“交際ぶり”をベラベラと…セクハラ・パワハラが横行する人気番組『テラスハウス』のがっかりな舞台裏

――  台本なしをうたい、若者を中心に絶大な支持を受けている、リアル恋愛バラエティ番組「テラスハウス(通称・テラハ)」(フジテレビ)だが、「週刊文春」(文芸春秋、6月5日)がその撮影現場でセクハラ・パワハラ...

出演者が“交際ぶり”をベラベラと…セクハラ・パワハラが横行する人気番組『テラスハウス』のがっかりな舞台裏
第1特集
【premium限定】

ジェネリック医薬品にこめた厚労省の思惑とは――普及を妨害しているのは医師と製薬業界だった?

――  最近、処方箋を持って病院に行くと、「ジェネリック医薬品」を勧められることが多くなった。ジェネリック医薬品は、後発医薬品の別名で、既存の先発医薬品の特許が切れた後に、成分や規格などが同一であるとして承...

ジェネリック医薬品にこめた厚労省の思惑とは――普及を妨害しているのは医師と製薬業界だった?
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

芸能記者と一蓮托生——ASKAを逮捕した麻薬Gメンの執念と芸能人をハメるシャブ漬けの現場

――  今回、ASKAを逮捕したのは警視庁組対五課だった。暴力団など組織犯罪を担当する課の捜査員が、半年以上に渡りこまめに情報を集め逮捕に至ったという。「大物芸能人とはいえ、これだけ大掛かりに捜査をしていた...

芸能記者と一蓮托生——ASKAを逮捕した麻薬Gメンの執念と芸能人をハメるシャブ漬けの現場
ニュース
【premium限定連載】ドキュメンタリー監督・松江哲明のタブーを越えたドキュメント 第4回

童貞まるだしの武田真治! AVをパロディ化して民放で放送する『めちゃイケ』の攻める姿勢

――  岡村隆史が「テレクラキャノンボールや」とつぶやき、Respect to カンパニー松尾のテロップ、さらにはWeekday Sleepersの「Passion Fruits Teleclider」が東...

童貞まるだしの武田真治! AVをパロディ化して民放で放送する『めちゃイケ』の攻める姿勢
ニュース
【premium限定ニュース】

TBS『あさチャン!』低迷の戦犯に晒された夏目三久に大ブーイング!?

――  鳴り物入りでスタートしたTBS『あさチャン!』が早くも窮地に陥っている。ここ最近は視聴率3~5%と低迷しており早くもテコ入れが囁かれれている。もちろんメインキャンスターである夏目三久に対する風当たり...

TBS『あさチャン!』低迷の戦犯に晒された夏目三久に大ブーイング!?
第2特集
「論文」という”共有知”【4】

情報解禁日を破ればペナルティ! 論文誌に管理された基礎科学報道

―― ――STAP細胞騒動においては、メディアの報じ方も問題の一端を担っている。そもそも新聞のような一般メディアでは、論文はどう扱われてきたのか? 朝日新聞で30年にわたって科学記者として報道に携わってき...

情報解禁日を破ればペナルティ! 論文誌に管理された基礎科学報道
連載
町田 康の「続・関東戎夷焼煮袋」第19回

イカ焼――ネットの地図で地元を見てふと蘇るイカ焼屋の記憶

―― いい加減な魂のくびきから解放されて清々した。しかしこれでやっと人並みの郷愁に浸ることができる。いっぺん小学校の同窓会にでも行って、「俺なんか原宿でサル飼っちゃっててさ」など東京弁で吹かしてみんなに嫌わ...

イカ焼――ネットの地図で地元を見てふと蘇るイカ焼屋の記憶
ニュース
【premium限定連載】出版界ホンネとウソとウラ話 第9裏話

ポイントサービスで出荷停止Amazonに楯つく小零細版元――無関心の大手出版社らは再販制を放棄?

――  いまや買い物をすれば、嫌と言っても付与されてしまうポイント。このサービスが実は景品ではなく、値引き行為であると知っている人は少ないのではないだろうか。実はこのポイントサービスを巡って、出版業界では“...

ポイントサービスで出荷停止Amazonに楯つく小零細版元――無関心の大手出版社らは再販制を放棄?
第1特集
「論文」という”共有知”【3】

理系研究者たちが大議論! 科学論文の脆弱性とギョーカイ裏話

―― 「論文とはなんぞや」という基礎の基礎から始めた本特集だが、科学論文の世界の内実は研究者に聞いてみないとわからない。そこで現役研究者と博士課程修了者に、現在の科学論文の世界の常識と非常識を大いに語っても...

理系研究者たちが大議論! 科学論文の脆弱性とギョーカイ裏話
連載
友達リクエストの時代【第19回】

マッチョな男たちもフェミな女達も苦手なわけで……

―― この数日、個人的に忙しかった。仕事が立て込んでいたわけではない。といって、プライベートが忙しかったのでもない。なんというのか、自己防衛に忙殺されていたわけだ。発端は、私がツイッター上に放流したコメント...

マッチョな男たちもフェミな女達も苦手なわけで……
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【21】

実は東大並みの“狭き門”「受刑者」とはいったい誰なのか?

――  前回、車で人を死傷させても初犯で悪質性が低ければ刑務所に入れられることはまずない、という道路交通法の運用の実態について解説しました。しかし実のところそれは、交通犯罪に限らず、犯罪全般についてもいえる...

実は東大並みの“狭き門”「受刑者」とはいったい誰なのか?
第2特集
「論文」という”共有知”【2】

万有引力からiPS細胞まで、ポスドク研究者が読解!あの“有名論文”勝手にレビュー

―― ――研究に邁進する某ポスドク社会学者(のタマゴ)が、西欧近代以降、現在にいたるまでの、賢くて偉い研究者たちの著作や論文を勝手に読み込んでみたら? というわけで、独断と偏見で8つの著作を勝手にピックアッ...

万有引力からiPS細胞まで、ポスドク研究者が読解!あの“有名論文”勝手にレビュー
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.24

『クローズEXPLODE』――『クローズ』新章──大ヒットした『ZERO』2作を超えられるのか?

――  近年のヤンキーマンガの金字塔である『クローズ』が、最初に映画化されたのは07年の『クローズZERO』だ。小栗旬・山田孝之主演の“イケメン映画”としても人気を博してヒットを果たした同作は09年に続編『...

『クローズEXPLODE』――『クローズ』新章──大ヒットした『ZERO』2作を超えられるのか?
連載
レイザーラモンRGの「あるあるアダルトグッズ考」【2】

【今月のアダルトあるある】嫁にアダルトグッズを使うとき~最初は嫌がっても楽しみがち~

――  今月も、レイザーラモンRG氏がアダルトグッズを論じながらあるあるネタでビシッと締めてくれる……はず。今回は超振動で男性のアソコをピンポイントで刺激する「ブラックロック7」がお題だ!

【今月のアダルトあるある】嫁にアダルトグッズを使うとき~最初は嫌がっても楽しみがち~
第2特集
「論文」という”共有知”【1】

“STAP騒動”に素朴な疑問、そもそも「論文」ってなんですか? 小保方騒動から考える「論文」という”共有知”

―― ――理化学研究所所属(今のところ)の細胞生物学者・小保方晴子氏の「論文捏造騒動」が日本中を騒がせている。しかしそこでちょっと考えてみたい。そもそも、その「論文」ってなんですか? 論文の書き方に決まり...

“STAP騒動”に素朴な疑問、そもそも「論文」ってなんですか? 小保方騒動から考える「論文」という”共有知”
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第78回

アメリカに失望する“キャップ”が見た超大国の歪な理論

――  ヴェトナム戦争末期の1971年1月31日、デトロイトに100人のヴェトナム帰還兵が集まった。彼らはVVAW(戦争に反対するヴェトナム帰還兵の会)。68年3月、ヴェトナムの農村ソンミ村で、アメリカ陸軍...

アメリカに失望する“キャップ”が見た超大国の歪な理論
連載
彼女の耳の穴【16】

【リンダdada】恋の歌ばかりのJ-POPにはない小谷美紗子さんのグロテスクな歌詞に惹かれる。

―― N夙川BOYSというバンドで、ギターとドラムとヴォーカルを担当している、リンダです。私のバンドは演奏パートが曲ごとだったり、もしくは1曲の間にコロコロと変わったりするのですが、結成した日からこのスタイ...

【リンダdada】恋の歌ばかりのJ-POPにはない小谷美紗子さんのグロテスクな歌詞に惹かれる。
第1特集
厚労省を巻き込み営利に走る製薬会社【2】

石油の副産物から薬を生成?野口英世も関与した!? ロックフェラーと医療

―― ――陰謀論の裏でいつも名前が挙がるロックフェラー財団。世界をまたにかけた巨大財閥がゆえにそうした話題が上がってきてしまうのだが、医療の分野でもそれは同じようで……。

石油の副産物から薬を生成?野口英世も関与した!?  ロックフェラーと医療
第1特集
厚労省を巻き込み営利に走る製薬会社【1】

医療技術の進歩は幸か不幸か? 患者不在の新薬開発の実態

―― ――遺伝子や細胞の解析が進む昨今、これまでのような細胞全体に影響する薬ではなく、病気の患部に直接効く薬が海外では開発されている。だが、これに乗り気ではないのが、製薬会社。もちろん薬でボロ儲けできなくな...

医療技術の進歩は幸か不幸か? 患者不在の新薬開発の実態
連載
下着と水着の考証学 第24回

[かわいいとセクシーが入れ替わるオンナ]涼川絢音――家にいる時は Tシャツにパンツとか セットじゃなくても いいかな。

――  このたび、kawaii*からAVデビューしたのですが、デビュー作は、かわいい感じの下着が多かったぁ! もう、自分の好みのものばっかりで、「アレも欲しい! コレも欲しい!」って心のなかで騒いじゃいまし...

[かわいいとセクシーが入れ替わるオンナ]涼川絢音――家にいる時は Tシャツにパンツとか セットじゃなくても いいかな。
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第49回

『美味しんぼ』を蘇らせるために

――  この原稿を書いている5月初旬現在、マンガ『美味しんぼ』(小学館)をめぐる状況が逼迫している。問題となっているのは福島第一原発を訪れた主人公(山岡士郎)が、帰京後に鼻血を出すという描写だ(「ビッグコミ...

『美味しんぼ』を蘇らせるために
第1特集
「飛ぶ」「飛ばない」の問題でない!統一球問題の深層【3】

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』でも存在感を発揮するミズノの逞しさ

―― ――本文中ではプロ野球界とスポーツメーカーの関係を見てきたが、ミズノ社の力が及んでいるのは「教育の一環」たる高校野球はじめ、アマ球界も同様である。学生野球憲章に抵触しようとも宣伝を怠らない同社の努力は...

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』でも存在感を発揮するミズノの逞しさ
第1特集
「飛ぶ」「飛ばない」の問題でない!統一球問題の深層【2】

「飛びすぎ」「飛ばなさすぎ」を交互に繰り返す――00年代・ボールとHRバッター変遷史

―― ――日本のプロ野球の歴史は、よく飛ぶボールでホームランが量産される時期と、飛ばないボールによる投手戦メインの時期が繰り返されてきた。特に00年代以降は、この2年の統一球問題含め、変更の多い時代だ。ホー...

「飛びすぎ」「飛ばなさすぎ」を交互に繰り返す――00年代・ボールとHRバッター変遷史
第1特集
「飛ぶ」「飛ばない」の問題でない!統一球問題の深層【1】

ボールと一緒にカネも動く!? 統一球問題から露呈する球界とスポーツメーカーのオイシイ関係

――  統一球問題で揺れたプロ野球2013年シーズンが終わり、14年シーズンが幕を開けた。しかし今年もまたミズノ社製の統一球で反発係数の超過が認められ、開幕早々NPB側が釈明に追われる事態になっている。なぜ...

ボールと一緒にカネも動く!? 統一球問題から露呈する球界とスポーツメーカーのオイシイ関係
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第4回

ナショナリズムを正しく理解しないリベラルが足をすくわれ続ける理由

――  近年、日本ではナショナリズムが高揚しているといわれています。事実、在日外国人を非難する排外主義的なデモも日常的におこなわれるようになりました。今回はそんなナショナリズムの高揚をまえに、そもそもナショ...

ナショナリズムを正しく理解しないリベラルが足をすくわれ続ける理由
第1特集
公文書で開示されない近代皇室の実像【4】

右翼襲撃は過去の話になったのか? 「菊タブー」をめぐるメディアの変化

―― ――皇室にまつわる陰謀論は、現在でもアングラ出版社以外はほとんど取り扱わない。信ぴょう性に関する疑義もあるが、一方で週刊誌などでは皇室報道は盛んになってきているような気も……。菊タブーをめぐるメディア...

右翼襲撃は過去の話になったのか? 「菊タブー」をめぐるメディアの変化
第1特集
公文書で開示されない近代皇室の実像【3】

俗説? 陰謀? 偽史? 天皇裏面史の数々がここに!皇室陰謀論ブックレビュー

―― ――古代から近現代に至るまで、常にぶ厚い菊のヴェールに閉ざされた皇室の世界。その内部に迫ろうと、数々のジャーナリストや歴史家たちが、天皇に関する自説を展開してきた。落とし胤、すり替え事件、ユダヤ資本や...

俗説? 陰謀? 偽史? 天皇裏面史の数々がここに!皇室陰謀論ブックレビュー
第1特集
公文書で開示されない近代皇室の実像【2】

トンデモ? それとも真実? 隠された戦後史を検証『日本のいちばん醜い日』

――  数多の資料と、長い年月をかけて書かれた『日本のいちばん醜い日』とはいったいどんな本なのか? ここでは、ディープな政治・経済情報に詳しいジャーナリストの鷲尾香一氏が、この分厚くも中身のつまった同書を...

トンデモ?  それとも真実? 隠された戦後史を検証『日本のいちばん醜い日』
第1特集
公文書で開示されない近代皇室の実像【1】

明治天皇はすり替えられた別人!? 菊タブーがトンデモ論を生み出す元凶

―― ――皇室報道には過度なタブーがありマスメディアは自粛してきた。しかし、こうした風潮に反して近代皇室の実像を公式ではない資料をもとに果敢に批判・検証している本が、アングラな版元から出版されているのだ。こ...

明治天皇はすり替えられた別人!? 菊タブーがトンデモ論を生み出す元凶
連載
【サラリーマン】西国分寺哀の犯人は現場に戻る【3】

「みんなー! 仁科克基に興味あるー?」

――  世間が小保方だ、中山美穂離婚だと騒いでいるなか、今回扱うのは仁科克基である。キャバ嬢を自宅にお持ち帰りしたところ(本人は泊めただけで手を出していないと弁明)、交際中だった矢吹春奈に見つかり破局したと...

「みんなー! 仁科克基に興味あるー?」
連載
留学生・ハサウェイ譲治の日本語ラップ見聞録【3】

【留学生・ハサウェイ譲治】高校生RAP選手権で見た”オタク”の潜在能力

―― 「よく言われるオタクラッパー/御託ばっか/でも音楽ならそんなしがらみ変えられると思ってやってきた」話題となっているBSスカパー!の〈高校生RAP選手権〉。第5回大会が3月末に新木場STUDIO COA...

【留学生・ハサウェイ譲治】高校生RAP選手権で見た”オタク”の潜在能力
連載
ライター・高橋ダイスケの青春のプロレス読闘記【3】

「『黄金のバンタム』の試合は仕事より大切なのよ」

――  先日、仕事関係各所に「この日は別の仕事で、丸1日身動きとれません!」と宣言しつつ、まったくのプライベートで山中慎介と長谷川穂積の試合を観戦してきた。山中はWBCバンタム級王者として6度目の防衛に成功...

「『黄金のバンタム』の試合は仕事より大切なのよ」
第1特集
経済を操る財閥の正体【3】

財閥も今やアジアの時代へ――国が頼る企業パワー!新興国財閥の光と影

―― ――ここまでは、日本の旧三大財閥と日本経済の歴史を並行して見てきたが、海外では、どのように国家と財閥がつながっているのだろうか?

財閥も今やアジアの時代へ――国が頼る企業パワー!新興国財閥の光と影
第1特集
経済を操る財閥の正体【2】

【三菱、住友、三井】日本経済とともに歩んだ3大財閥年表

―― ――ここでは日本を代表する3大財閥のプロフィールと歴史を簡単に追っていきたい。

【三菱、住友、三井】日本経済とともに歩んだ3大財閥年表
第1特集
経済を操る財閥の正体【1】

日本の旧財閥の形成史から見る「財閥陰謀論」が生まれる理由

―― ――ロスチャイルド、ロックフェラーなどの巨大財閥が陰で世界をコントロールしている……という「財閥陰謀論」は古くから存在している。それは日本の旧財閥も同様だ。そこで取り沙汰された陰謀には、荒唐無稽なもの...

日本の旧財閥の形成史から見る「財閥陰謀論」が生まれる理由
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【3】

「頑張り方がわからない」役者引退の決断

――  俳優として、一見順調に歩んでいるかに見えた北村匡平さんは、イケメン俳優としてどこまでやっていけるのかに悩み、ついには「カッコイイってなんだろう」とまで考え始めた。そこから、選んだ道とは。インタビュー...

「頑張り方がわからない」役者引退の決断
連載
【CYZO COLUMN CURATION】服部昇大の流行解明3分間【3】

マンガ家服部昇大先生が徹底解説!「つまり、『進撃の巨人』とは」

――  世の中で知ってて当然とされてる事象を、たった3分の解説で知った気になれるこのコラム、第3回目は『進撃の巨人』(講談社)をご紹介。マンガやアニメを見ない方でも、昨今のフィーバーぶりで、その名称ぐらいは...

マンガ家服部昇大先生が徹底解説!「つまり、『進撃の巨人』とは」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西田藍のアイドル的"制服"偏愛論【3】

【アイドル・西田藍】「ミニスカの女子高生と、制服に虚構性」

―― 『制服通りの午後』という本がある。作者は森伸之氏。『東京女子高制服図鑑』という、東京の女子校に通う生徒たちを観察した制服イラスト図鑑を出版し、制服ブームのきっかけを作った。そんな作者が、80年代後半か...

【アイドル・西田藍】「ミニスカの女子高生と、制服に虚構性」
第1特集
タックスヘイヴンの裏事情【2】

武富士、『ハリー・ポッター』、オリンパス……タックスへイヴン事件ファイル

―― ――ヤクザや有名企業もかかわったタックスヘイヴンをめぐる事件。その代表的なものを、ざっとまとめてみた。

武富士、『ハリー・ポッター』、オリンパス……タックスへイヴン事件ファイル
第1特集
タックスヘイヴンの裏事情【1】

ヴァチカン、ケイマン、スイス……ヤクザもIT企業も使うタックスヘイヴンの闇

―― ――タックスへイヴン(租税回避地)は、かつてはマフィアの資金洗浄にも利用された。だが今は、グローバル企業と富裕層の脱税に使われ、世界経済を狂わせている!?

ヴァチカン、ケイマン、スイス……ヤクザもIT企業も使うタックスヘイヴンの闇
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【11】

死せるポップ王の帰還! マイケル・ジャクソンとソニーの愛憎40年

―― 「ビルボード」誌で記者を務めた大物黒人音楽評論家のネルソン・ジョージが指摘した、ヒップホップ世代の病理は……「ビジネスマインドの際限なき肥大化」だったろうか。要するに、ラッパーが自らの音楽キャリアに集...

死せるポップ王の帰還! マイケル・ジャクソンとソニーの愛憎40年
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第89回

小保方問題にすり替わったSTAP細胞騒動の本質

――  「ノーベル賞モノの快挙」と称賛され、「リケジョ」なる流行語を生んだSTAP細胞の発見とその研究者・小保方晴子氏。だが周知の通り、論文に”不備”が見つかるや、STAP細胞そのものの存在を疑問視する大騒...

小保方問題にすり替わったSTAP細胞騒動の本質
第1特集
写真と陰謀論のキケンな関係【2】

独裁者の写真加工、火星写真の人影、サブリミナル広告……修正の裏事情がわかる!? “陰謀写真”ファイル

―― ――政治系、軍事・宇宙系、商業系、社会系と4つのジャンルに分けながら、さまざまな陰謀をめぐるイメージを佐藤健寿氏に解説してもらった。

独裁者の写真加工、火星写真の人影、サブリミナル広告……修正の裏事情がわかる!? “陰謀写真”ファイル
第1特集
写真と陰謀論のキケンな関係【1】

独裁者の肖像、月面着陸、9・11……陰謀と結びつけられた危ない写真たち

――  西郷隆盛と聞いて思い浮かべる顔のイメージがあるが、彼の本当の写真はいまだ確認されていないという。このねじれた現実は何を意味するのか──。そう、陰謀論と写真というメディアはいつも無縁ではなかった。では...

独裁者の肖像、月面着陸、9・11……陰謀と結びつけられた危ない写真たち
インタビュー
あまりにも大がかりすぎる「作ってみた」

【プラモデルを1/1で作る会】製作費は「軍事機密」──鉄板で原寸大戦車模型を作る狂気

―― ――このところ、各地のホビー系イベントに突如として巨大な戦車模型が出現している。「プラモデルを1/1で作る会」なる団体が製作したというこの戦車はなぜ? どうして作られたのか……?

【プラモデルを1/1で作る会】製作費は「軍事機密」──鉄板で原寸大戦車模型を作る狂気
ニュース
【premium限定ニュース】

ASKA覚せい剤報道で封印された香里奈のさらなる過激画像と結婚情報

――  人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAが覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕され、芸能界の話題はすっかりASKA一色だが、そんな中でひそかに異国の地で愛を育んでいる若手人気女優がいる...

ASKA覚せい剤報道で封印された香里奈のさらなる過激画像と結婚情報
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

キリング・フィールドへの待合室

――  ポル・ポト率いるクメール・ルージュ(赤いクメール)支配下の民主カンボジアでは、急進的な共産主義思想によって国民の5人に1人が死に追いやられたといわれている。1976年、ポル・ポト政権の治安警察・サン...

キリング・フィールドへの待合室
ニュース
【premium限定ニュース】

ディナーショーで謝罪もダメージはなし!? 爆弾級のスキャンダルにも意外とファンが寛容だった氷川きよしの行状

――  5月1日発売の「週刊文春」(文芸春秋)で元マネージャーへの暴力・ホモセクハラなど今後の芸能活動に多大なる影響を与えそうな爆弾級のスキャンダルを報じられた演歌歌手の氷川きよしだが、「フライデー」(講談...

ディナーショーで謝罪もダメージはなし!? 爆弾級のスキャンダルにも意外とファンが寛容だった氷川きよしの行状
サイゾープレミア

2017年5月号

美容と筋肉の(裏)事情

美容と筋肉の(裏)事情

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない
    • スコセッシの【沈黙】は嘘だらけ!?
    • 宣教師と【キリシタン】の実態

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説

インタビュー

連載