サイゾーpremium  > 連載  > 【レイザーラモンRG】嫁にアダルトグッズを使うとき最初は嫌がっても楽しみがち
連載
レイザーラモンRGの「あるあるアダルトグッズ考」【2】

【今月のアダルトあるある】嫁にアダルトグッズを使うとき~最初は嫌がっても楽しみがち~

+お気に入りに追加

――あるあるネタでおなじみのレイザーラモンRGが、アダルトグッズから、性と社会の関係を講ずる!

1406_RG_01.jpg
(写真/オノツトム)

 今月も、レイザーラモンRG氏がアダルトグッズを論じながらあるあるネタでビシッと締めてくれる……はず。今回は超振動で男性のアソコをピンポイントで刺激する「ブラックロック7」がお題だ!

――さあ、「ブラックロック7」のあるあるネタ、いってみましょう!

レイザーラモンRG(以下、RG)では、アダルトグッズあるあるをRGの感想に乗せて語りましょう。まず、言いたいのは、この「ブラックロック7」がサイコーだということ。おべんちゃらじゃなく、使った後、マジで買おうかなと思いました。

――どんなところがよかったですか?

RG この「ブラック~」は男性器の先端にはめて使うのですが、ローションを使わなくてよいんです。前回もお話しましたが、私は仕事前にサッと抜いて出かけることがあるので、ノーローションはとてもありがたい。あと、振動もバリエーションが豊富で、スイッチひとつで選べるのも好感触でした。

――奥様やお子さんに見つからないよう、こっそり楽しんだんですか?

RG いや、実は嫁と一緒に(笑)。私が「ブラック~」を装着して、嫁にスイッチを持たせてオン・オフしてもらうというプレイです。

――よくOKしてくれましたね?

RG 最初は嫌がっていたんですが、そこは「お仕事なので」と説得しまして。でも、嫁もスイッチをオンするたびに私がビクビクッとなる姿を見て、楽しそうにゲラゲラと笑っていました。いや、本当に気持ちよすぎて、ビクッとならざるを得ないんです。嫁も結果的には大喜びでしたし、倦怠期の夫婦は、これを使ったら新しい何かを見つけられるんじゃないかな。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ