サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【香里奈】のさらなる過激画像と結婚情報
ニュース
【premium限定ニュース】

ASKA覚せい剤報道で封印された香里奈のさらなる過激画像と結婚情報

+お気に入りに追加

1406_az_karina.jpg
『One. 』(幻冬舎)

 人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAが覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕され、芸能界の話題はすっかりASKA一色だが、そんな中でひそかに異国の地で愛を育んでいる若手人気女優がいる。

 今年3月に、米ハワイでの語学留学中に知り合った台湾出身の年下一般男性とのベッド写真が写真週刊誌「フライデー」で報じられた香里奈だ。

 昨年7月にフジテレビ系で放送され、ヒロインを演じた月9ドラマ「SUMMER NUDE」をはじめ、数多くのドラマや映画、CMに出演し、女優、モデルとして活躍する香里奈が大股を開き、股間に手をあてがいながら熟睡する同誌が報じた写真はなんともセンセーショナルだったが、聞くところによると実際には、さらに過激なショットもあったという。

 某出版社の関係者はこう語る。

「あの写真はお相手とされる台湾出身の実業家の周辺から漏れたみたいで、関係者が複数の出版社に持ち込む中、もっとも好条件だった『フライデー』さんに“落札”されたそうです。記事として掲載されたのはほんの一部で、ほとんどハメ撮りに近いもっとヤバい写真もあったようですが、さすがに掲載は自粛したようです」

 人気女優に突然降って湧いた衝撃スキャンダルは、業界内外に大きな波紋を広げて、同誌が発売された直近に行われたイベントには、香里奈の所属事務所に近い大手芸能プロダクションの幹部も姿を見せてマスコミ対応に追われたが、「さすがにイメージダウンは必至で、『彼女ももう終わりだね』と半ばさじを投げていました」とは某ワイドショースタッフ。

 そんな香里奈だが、あれから約2カ月が経った今もくだんの彼氏とは順調に交際を続けているようだ。

「こないだ仕事でハワイに行って、現地で有名な和食のお店の『K』に行ったら香里奈さんが複数の男性と一緒に来ていて。そのうちの1人のアジア系の男性とかなりラブラブな雰囲気でしたよ。例の記事の件もあったので、すぐにウワサの彼氏だなって気がつきました。それにしても、あれだけの騒ぎを起こしておきながら、よりによってハワイでイチャついているんだから、スゴいですよね」(某大手広告理代理店関係者)

 普通に考えれば、スキャンダルが報じられた手前、しばらくの間は大人しくしていても良さそうなものだが…。

「香里奈さんも今年で30歳。モデルとしても、女優としても今後さらなる活躍ができるのかと言うと疑問ですし、そろそろ落ち着きたいと思っているんじゃないですかね。まして、今回のスキャンダルもありましたし。お相手の台湾出身の彼氏はかなりの資産家という話ですし、別れるよりも、このまま結婚まで押し通そうと考えていても不思議ではないですよね」(某芸能プロダクションマネージャー)

 電撃婚の可能性も十分あり得るだけに、今後も動向に注視したい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

NEWS SOURCE

    • 台風で露呈した【安倍政権】の緩み
    • 音楽業界【アーティスト収入格差】
    • 【かんぽ不適切販売】の余波

インタビュー

    • 【甲斐まりか】英語も独語も操る人気モデル
    • 【葵揚】『いだてん』で輝くイケメン坊主
    • 【owls】煙たいグルーヴの重厚ヒップホップ
    • 【CHAI】NEOかわいいで世界を狙う

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』