サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 【リンダdada】小谷美紗子さんのグロテスクな歌詞に惹かれる。

──耳は口ほどにモノを言う。教えて、あなたの好きな音!

Touching song

小谷美紗子
『自分』
1997年に発売された小谷美紗子の2ndシングル。不幸なニュースを見て溜飲を下げる世の人々のさもしさが直截的な言葉で歌い上げられている。

1406_mimi_01.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

 N夙川BOYSというバンドで、ギターとドラムとヴォーカルを担当している、リンダです。私のバンドは演奏パートが曲ごとだったり、もしくは1曲の間にコロコロと変わったりするのですが、結成した日からこのスタイルでやっています。そもそもの始まりが、大阪に太陽の塔ってあるじゃないですか。普段はもう太陽の塔の中には入れないんですが、バンド結成年の2007年に期間限定で“人数50人集めたら貸し切りで太陽の塔の中に入れて、しかもEXPO’70のガイドもしてくれる”というイベントが企画されてたんですよ。

 これはやばい! と、大阪、福岡のバンドマンを中心に50人、いや50人以上集まったんです。みんな太陽の塔の中に入りたくてですよ?(笑)せっかくやからその後にライブしよう! ってなって。その時にその日1日限定のバンドで集まった3人がうちらなんです。名前もね、すごく簡単な感じで、夙川の「珈琲ん」でバンド会議してて、バービーボーイズ好きやし、「N’夙川BOYS」にしよか! 決まりっ! って。紅一点でもBOYSなのはその影響なんです。

 ライブ当日は、セットリスト5曲中4曲はオリジナルで、1曲目はもちろんバービーボーイズの「目を閉じておいでよ」のカバー。めちゃくちゃかっこつけてポーズきめてたんです。でも、いざ演奏が始まるとバンドの音がビックリするぐらいちっちゃくて。単音のギターで♪ティリリリリリリリリリリ~って。お客さんの「ちっちゃ!」というツッコミの声のほうがギターの音より大きくて(笑)気合だけでやったようなライブやったんですよ。でも、その日のうちに次のライブのお誘いがきて、「やろっか」「また誘われたよ!」「やろやろ」と続けてるうちに、今にいたるって感じです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の