サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 【リンダdada】小谷美紗子さんのグロテスクな歌詞に惹かれる。

──耳は口ほどにモノを言う。教えて、あなたの好きな音!

Touching song

小谷美紗子
『自分』
1997年に発売された小谷美紗子の2ndシングル。不幸なニュースを見て溜飲を下げる世の人々のさもしさが直截的な言葉で歌い上げられている。

1406_mimi_01.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

 N夙川BOYSというバンドで、ギターとドラムとヴォーカルを担当している、リンダです。私のバンドは演奏パートが曲ごとだったり、もしくは1曲の間にコロコロと変わったりするのですが、結成した日からこのスタイルでやっています。そもそもの始まりが、大阪に太陽の塔ってあるじゃないですか。普段はもう太陽の塔の中には入れないんですが、バンド結成年の2007年に期間限定で“人数50人集めたら貸し切りで太陽の塔の中に入れて、しかもEXPO’70のガイドもしてくれる”というイベントが企画されてたんですよ。

 これはやばい! と、大阪、福岡のバンドマンを中心に50人、いや50人以上集まったんです。みんな太陽の塔の中に入りたくてですよ?(笑)せっかくやからその後にライブしよう! ってなって。その時にその日1日限定のバンドで集まった3人がうちらなんです。名前もね、すごく簡単な感じで、夙川の「珈琲ん」でバンド会議してて、バービーボーイズ好きやし、「N’夙川BOYS」にしよか! 決まりっ! って。紅一点でもBOYSなのはその影響なんです。

 ライブ当日は、セットリスト5曲中4曲はオリジナルで、1曲目はもちろんバービーボーイズの「目を閉じておいでよ」のカバー。めちゃくちゃかっこつけてポーズきめてたんです。でも、いざ演奏が始まるとバンドの音がビックリするぐらいちっちゃくて。単音のギターで♪ティリリリリリリリリリリ~って。お客さんの「ちっちゃ!」というツッコミの声のほうがギターの音より大きくて(笑)気合だけでやったようなライブやったんですよ。でも、その日のうちに次のライブのお誘いがきて、「やろっか」「また誘われたよ!」「やろやろ」と続けてるうちに、今にいたるって感じです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』