サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 陰謀と結びつけられた危ない【写真】たち
第1特集
写真と陰謀論のキケンな関係【1】

独裁者の肖像、月面着陸、9・11……陰謀と結びつけられた危ない写真たち

+お気に入りに追加
1406_photo_01.jpg
人類史上初となった月面着陸の写真。実はスタジオで撮影されたカットではないかという疑惑もあったが……。

 西郷隆盛と聞いて思い浮かべる顔のイメージがあるが、彼の本当の写真はいまだ確認されていないという。このねじれた現実は何を意味するのか──。そう、陰謀論と写真というメディアはいつも無縁ではなかった。では、双方の関係はどう変容してきたのか? オカルトサイト「X51.ORG」の主宰者で『奇界遺産』(エクスナレッジ)の著者である佐藤健寿氏が紐解く。

 月面に立つ人類の姿。そこには栄光の足跡とともに月面に星条旗を立てた宇宙飛行士が佇んでいる。今から40年前に撮影されたこの光景は、人類史上、ひとつのピークともいえる歴史的記録写真である。しかしそんな感動的な写真を前にして、ある陰謀論者は言う。「この写真はハリウッドのスタジオでスタンリー・キューブリックによって撮影されたもので、まったくの捏造写真なのだ。米国は、いや人類はまだ月に着陸したことなんてない」と。もちろん、現在得られるさまざまな情報から判断すれば、この“月面着陸捏造論”こそ、むしろ荒唐無稽な作り話に思える。いくらなんでも、そんな重大事実を捏造することがあるものか、と普通は思うだろう。しかし詐欺師は常に言うのだ。「嘘は大きければ大きいほど、人は信じる」。

 我々はそこで、世紀の発見と呼ばれた細胞画像をめぐる一連の騒動を思い出す。一時はノーベル賞とまで報道されたあの喧噪の中で、その発見の重大性から掲載画像のねつ造を疑う人は、一部の専門家以外にいなかったはずである。それが事実かどうかの検証を待つまでもなく、画像、すなわち証拠が「存在し、公表された」という一点によってのみ、我々はその真実性を無意識に認め、さながら共謀するように「現実」を作っていたのではなかっただろうか。つまり我々がイメージに見いだす「リアリティ」、それは対象が「現実に可能かどうか」ではなく、我々が「信じられるかどうか」にこそ依拠しているのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』