サイゾーpremium  > 連載  > 学者・萱野稔人の"超"哲学入門  > 【萱野稔人】リベラルが足をすくわれ続ける理由
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第4回

ナショナリズムを正しく理解しないリベラルが足をすくわれ続ける理由

+お気に入りに追加
(写真/永峰拓也)

『民族とナショナリズム』

アーネスト・ゲルナー(加藤節監訳)/岩波書店(00年)/2400円+税
20世紀イギリスを代表する知識人であるアーネスト・ゲルナーが「ナショナリズムとは何か」という問題について考察。ナショナリズム研究の基本文献であり、“第1級のナショナリズム研究書”と評価されてきた名著。

 近年、日本ではナショナリズムが高揚しているといわれています。事実、在日外国人を非難する排外主義的なデモも日常的におこなわれるようになりました。今回はそんなナショナリズムの高揚をまえに、そもそもナショナリズムとは何かということを考えたいと思います。それがわかっていなければ、ナショナリズムの高揚といわれる現象を的確に分析することはできないし、それを批判するにせよ肯定するにせよ、とんちんかんな議論になってしまうでしょう。

 その際に参考になるのが、アーネスト・ゲルナーのナショナリズム論です。ゲルナーは『民族とナショナリズム』の冒頭でナショナリズムを右ページのように定義しています。

 ここで「政治的な単位」といわれているのは端的には国家のことです。「民族的な単位」とは要するにそれぞれの民族ということですね。原語では「ナショナル」という言葉がつかわれているので、それぞれの国民といってもいいでしょう。その両者(ステイトとネーション)が一致しなくてはならないと考えるのがナショナリズムです。

 具体的に考えましょう。たとえばフランス南部の地中海にコルシカ島という島があります。このコルシカ島はフランスに属しているのですが、そこで話されている言葉は伝統的にフランス語とは異なっていて、フランスからの独立運動がひじょうに強い地域です。その独立運動の担い手たちはこう主張しています。コルシカ人はフランス人とは違う民族であり、したがって固有の国家をもたなくてはならない、と。コルシカは無理やりフランスに組み込まれており、そこでは政治的な単位(フランスという国家)と民族的な単位は一致していない(フランス人もいればコルシカ人もいる)、だからコルシカはフランスから独立して、政治的な単位(コルシカ国)と民族的な単位(コルシカ人)を一致させなくてはならない、ということです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』