サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 00年代・ボールとHRバッター【変遷史】
第1特集
「飛ぶ」「飛ばない」の問題でない!統一球問題の深層【2】

「飛びすぎ」「飛ばなさすぎ」を交互に繰り返す――00年代・ボールとHRバッター変遷史

+お気に入りに追加

――日本のプロ野球の歴史は、よく飛ぶボールでホームランが量産される時期と、飛ばないボールによる投手戦メインの時期が繰り返されてきた。特に00年代以降は、この2年の統一球問題含め、変更の多い時代だ。ホームラン事情と共に、この10年余りのボールの変遷を追ってみよう。

1406_baseball_03.jpg

【2001年~2004年】
近鉄ローズ、西武カブレラ、日本記録タイ55本達成
■最後の三冠王も生んだ“飛ぶボール”

[ボール事情]
日本プロ野球で使用されるボールの反発係数が定められたのは1981年から。それまではあまりにもボールが飛びすぎていた(80年は、セ・パ各130試合で合計2045本ものホームランを記録)。この頃は各球団が個別にボールを採用していたが、他社に比べよく飛ぶミズノ社製ボールを各球団が積極採用。ただしこれはこれでまた「飛びすぎ」と問題視され、05年からはミズノ社製の低反発球が8球団で採用された。

[ホームラン事情]
01年には近鉄(当時)のローズ、02年には西武のカブレラが55本を記録。年間合計本数も03年1987本、04年1994本を記録した。03年は40本以上が4人、30本以上が15人、20本以上が35人、04年は40本以上が8人、30本以上が16人、20本以上が36人と、ホームランが乱れ飛び。04年にはダイエー(当時)の松中信彦が、86年ロッテの落合博満以来の三冠王を獲得し、現在最後の三冠王となっている。


1406_baseball_04.jpg

【2011年~2012年】
西武おかわり君だけが対応できた
■ファン大激怒の“飛ばないボール”

[ボール事情]
ミズノ社製の統一球が導入された最初のシーズン。反発係数を下限の0.4134に限りなく近づけた結果、2010年に1605本あったホームラン数が11年には939本、12年には881本と激減し、関係者やファンを震撼させた。その後、反発係数が基準値以下であったことが発覚し、ファン感情が震撼から激怒へ移行したというオマケ付き。

[ホームラン事情]
11年のセ・リーグホームラン王はヤクルト・バレンティン。31本という、1961年巨人・長嶋茂雄の28本以来の低い本数で獲得。一方のパでは、西武・中村剛也がロッテのチームホームラン数46本を上回る48本をマークし、統一球でもホームランは打てる!? との幻想を抱かせる。翌12年にはケガによる欠場の影響もあり27本でフィニッシュしたが、それでもホームラン王を獲得した。



1406_baseball_05.jpg

【2013年】
55本の壁、ついにバレンティンに破られる
■“違反球”でも記録の更新は偉業

[ボール事情]
統一球導入3シーズン目。この年の6月に統一球が、それまでよりも飛びやすいボールに変更されていたことが発覚(飛びやすくなったというよりも、それまでのボールが基準値以下だったため、標準に戻ったといったほうが正確)。シーズン序盤から過去2シーズンよりもハイペースでホームランが、加藤良三コミッショナーの口からは「不祥事ではない」発言が飛び出し、大きなスキャンダルに。これにより、加藤コミッショナーは辞任へ。

[ホームラン事情]
シーズン序盤から、ヤクルトのバレンティンとDeNAのブランコがホームランを量産。最終的に、ブランコは41本にとどまったものの、バレンティンは巨人の王貞治、カブレラ、ローズの55本を塗り替える60本を放ち、日本記録を樹立。セ・パ合計でも、前年を430本上回る1311本のホームランが飛び出している。


1406_baseball_06.jpg

【2014年】
こっちも二刀流!? 阪神・藤浪晋太郎の珍事
■19歳投手もHRを打つ“飛ぶボール”

[ボール事情]
統一球導入4シーズン目。昨シーズンに続き、今年も序盤からホームランが飛び交う。4月10日には、西武ドームを除く全球場で基準値を上回る反発係数のボールが使用されていたことが発覚。ミズノ社からはボールに使用している毛糸の水分含有量の問題で、反発係数が高くなってしまったとの発表があり、事態は収束に向かう。4月29日より、基準値内の適正なボールが使用されることとなった。

[ホームラン事情]
5月5日現在で、ヤクルトのバレンティン、広島のエルドレッド、楽天のジョーンズ、オリックスのペーニャが10本以上のホームランを記録。飛ぶボール問題で球界が揺れる中、4月15日には高卒2年目の阪神・藤浪晋太郎投手が、右中間へプロ入り第1号ホームランを放つ珍事も。現在は基準値内に戻ったとされる統一球だが、果たして今後の打球の飛距離やいかに……?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ