サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 00年代・ボールとHRバッター【変遷史】
第1特集
「飛ぶ」「飛ばない」の問題でない!統一球問題の深層【2】

「飛びすぎ」「飛ばなさすぎ」を交互に繰り返す――00年代・ボールとHRバッター変遷史

+お気に入りに追加

――日本のプロ野球の歴史は、よく飛ぶボールでホームランが量産される時期と、飛ばないボールによる投手戦メインの時期が繰り返されてきた。特に00年代以降は、この2年の統一球問題含め、変更の多い時代だ。ホームラン事情と共に、この10年余りのボールの変遷を追ってみよう。

1406_baseball_03.jpg

【2001年~2004年】
近鉄ローズ、西武カブレラ、日本記録タイ55本達成
■最後の三冠王も生んだ“飛ぶボール”

[ボール事情]
日本プロ野球で使用されるボールの反発係数が定められたのは1981年から。それまではあまりにもボールが飛びすぎていた(80年は、セ・パ各130試合で合計2045本ものホームランを記録)。この頃は各球団が個別にボールを採用していたが、他社に比べよく飛ぶミズノ社製ボールを各球団が積極採用。ただしこれはこれでまた「飛びすぎ」と問題視され、05年からはミズノ社製の低反発球が8球団で採用された。

[ホームラン事情]
01年には近鉄(当時)のローズ、02年には西武のカブレラが55本を記録。年間合計本数も03年1987本、04年1994本を記録した。03年は40本以上が4人、30本以上が15人、20本以上が35人、04年は40本以上が8人、30本以上が16人、20本以上が36人と、ホームランが乱れ飛び。04年にはダイエー(当時)の松中信彦が、86年ロッテの落合博満以来の三冠王を獲得し、現在最後の三冠王となっている。


1406_baseball_04.jpg

【2011年~2012年】
西武おかわり君だけが対応できた
■ファン大激怒の“飛ばないボール”

[ボール事情]
ミズノ社製の統一球が導入された最初のシーズン。反発係数を下限の0.4134に限りなく近づけた結果、2010年に1605本あったホームラン数が11年には939本、12年には881本と激減し、関係者やファンを震撼させた。その後、反発係数が基準値以下であったことが発覚し、ファン感情が震撼から激怒へ移行したというオマケ付き。

[ホームラン事情]
11年のセ・リーグホームラン王はヤクルト・バレンティン。31本という、1961年巨人・長嶋茂雄の28本以来の低い本数で獲得。一方のパでは、西武・中村剛也がロッテのチームホームラン数46本を上回る48本をマークし、統一球でもホームランは打てる!? との幻想を抱かせる。翌12年にはケガによる欠場の影響もあり27本でフィニッシュしたが、それでもホームラン王を獲得した。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』