サイゾーpremium  > 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION  > 【マンガ家・服部昇大】「つまり、『進撃の巨人』とは」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】服部昇大の流行解明3分間【3】

マンガ家服部昇大先生が徹底解説!「つまり、『進撃の巨人』とは」

+お気に入りに追加

――マンガ家服部昇大先生が紐解く流行をものの3分で徹底解明

1406_ccc_03.jpg
一見、「怒濤の快進撃で勝ち進む、読売巨人軍のマンガなんだろう!」と思わせるのもオツだね!

 世の中で知ってて当然とされてる事象を、たった3分の解説で知った気になれるこのコラム、第3回目は『進撃の巨人』(講談社)をご紹介。マンガやアニメを見ない方でも、昨今のフィーバーぶりで、その名称ぐらいはご存じであろう。コミック累計発行部数は3600万部以上、4月発売の最新13巻は初週で100万部を突破。同時発売のスピンアウトマンガ2冊も両方ともトップ10入り(普通はあり得ない快挙)と、 まさに太平洋戦争開戦直後の日本軍の如き破竹の快進撃なのである。

 部数の話とかよくわかんねーよ! という方にわかりやすく説明すると、偶然にも同じマンガ家を生業としている私、服部のギャグマンガの累計と比べると、軽く100倍なのである。おわかりいただけただろうか、『進撃の巨人』の進撃ぶり、そして僕の凡才ぶりが……(白目)。こういう計算をしているときは本当、死にたくなります。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ