サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 天皇裏面史の数々【皇室陰謀論】ブックレビュー
第1特集
公文書で開示されない近代皇室の実像【3】

俗説? 陰謀? 偽史? 天皇裏面史の数々がここに!皇室陰謀論ブックレビュー

+お気に入りに追加

――古代から近現代に至るまで、常にぶ厚い菊のヴェールに閉ざされた皇室の世界。その内部に迫ろうと、数々のジャーナリストや歴史家たちが、天皇に関する自説を展開してきた。落とし胤、すり替え事件、ユダヤ資本やフリーメイソンとのつながり、さらには埋蔵金まで……。「菊タブー」をものともしない骨太の作家たちが発表する、さまざまな言説をご覧あれ!

1406_archive_03.jpg

■昭和天皇の隠された妹
『昭和天皇の妹君』
(著者:河原敏明 出版社:ダイナミックセラーズ 発売年:1991年)

皇室ジャーナリストである河原敏明氏による著作。昭和天皇の弟である三笠宮には実は双子の妹が存在しており、奈良の円照寺門跡・山本静山として生活を送っていたという説を検証する。100名余りの皇室関係者に取材して証言を得たこの説は、発表当時、週刊誌やテレビなどで話題の中心となったが、河原氏の取材を受けた人々は、「そんなこと話していない」と態度を豹変させてしまった……。河原氏は2011年にも『天皇家の隠し子 謎につつまれた悲劇の皇女』(ダイナミックセラーズ)を出版している。


1406_archive_02.jpg

■講談社は出版取りやめ
『プリンセス・マサコ』
(著者:ベン・ヒルズ 藤田真利子・訳 出版社:第三書館 発売年:2007年)

日本特派員だったオーストラリア人ジャーナリスト、ベン・ヒルズ氏による著作。雅子妃の生い立ちや、宮内庁・日本社会批判などが盛り込まれている。皇室を「噂と憶測と陰謀の温床」と批判的に表現し、雅子妃の外見を「鼻は高すぎるし、顎も出すぎている。古典的な色白ではなく、いくらか浅黒いし、歯並びも悪い。個性的な顔である」と記述する。講談社から出版される予定であったが、宮内庁が、多数の事実誤認を含むとして抗議。これを重く見た講談社は、出版を取りやめ、第三書館から発行されることとなった。



1406_archive_01.jpg

■天皇の隠し財産は北海道にあり!
『天皇の財宝』
(著者:高橋五郎 出版社:学研 発売年:2011年)

アメリカのデフォルトを回避させ、フランス大統領もその存在を注視しており、「世界金融を支えている」と高橋氏が主張する天皇の隠し財産。北海道の地下壕にこの隠し財産の実在を突き止め、その発掘調査を行うドキュメントが本書だ。埋蔵金のみならず、ゼロ戦、原爆の不発弾、北京原人の骨、そしてロマノフ王朝の略奪財宝と、さまざまなお宝が眠るこの地下壕。しかし、高橋氏は、命の危険からこの一歩手前で退くこととなってしまう……。


1406_archive_07.jpg

■天皇キリスト教徒化計画!?
『天皇のロザリオ』
(著者:鬼塚英昭 出版社:成甲書房 発売年:2006年)

戦後間もない頃、天皇をキリスト教徒に改宗させ、日本をカトリック教国に転換しようとする策謀があったことを検証する。吉田茂、マッカーサー、トルーマン大統領などを登場人物とし、日米で刊行された膨大な資料を読み解くことで、このタブーに挑戦する。推薦者の中田安彦氏は、本書を「この本は日本版の『ダ・ヴィンチ・コード』と言っても過言ではない」と賛辞を送る。


1406_archive_06.jpg

■明治維新は南朝革命だった!?
『天皇の暗号』
(著者:大野芳 出版社:学研 発売年:2011年)

有名な孝明天皇暗殺疑惑を発端に、明治維新を、北朝系であった天皇が南朝系にすり替えられた「南朝革命」として立証する本書。幕末から明治維新にかけての詳細な歴史とともに、戦後に登場した自称南朝の末裔である「熊沢天皇」や「三浦天皇」といった一般の歴史では語られない存在の証言も検証。正史のみならず、さまざまな野史を参照し、独自の説を裏付けている。


1406_archive_05.jpg

■伊藤博文はイルミナティ
『天皇破壊史』
(著者:太田龍 出版社:成甲書房 発売年:2002年)

共産主義者、アイヌ解放論者、「グリーンピース日本支部」を自称した環境保護論者であり、また、ユダヤ陰謀論の論客である著者。伊藤博文はユダヤ・イルミナティの手先であり、孝明天皇を暗殺したという自説を披瀝。また、明治維新の指導者たちは西郷隆盛を除き、ほとんどユダヤフリーメイソンの手中に入っており「でっちあげられた国家」であると論じている。


1406_archive_04.jpg

■サブカル天皇論
『オクタゴニアン』
(著者:杉浦守・絵、大塚英志・原作 出版社:角川書店 発売年:2005年)

昭和天皇にそっくりな顔で、影武者として働いていた男を主人公にした大塚英志による昭和偽史。フィクションだが、「昭和天皇」を登場させるなど、タブーに挑戦した一冊だ。大塚はこの作品の他にも『JAPAN』(角川文庫)においてもミカドというキャラクターを描いており、『少女たちの「かわいい」天皇』(同)でも天皇に言及。サブカルチャーからの天皇論として興味深い。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ