サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > セクハラ・パワハラが横行する人気番組【テラスハウス】

1406_az_teraha.jpg
『テラスハウス インサイド』(扶桑社)

 台本なしをうたい、若者を中心に絶大な支持を受けている、リアル恋愛バラエティ番組「テラスハウス(通称・テラハ)」(フジテレビ)だが、「週刊文春」(文芸春秋、6月5日)がその撮影現場でセクハラ・パワハラが横行していることを報じている。

 同誌によると、現場にはなぜかフジテレビの局員は近寄らず、現場を仕切るのは制作を一手に引き受ける「イースト・エンタテインメント」のディレクター・岡野耕太氏、松本彩夏チーフプロデューサー、演出の前田真人氏が仕切っているというが、紙の台本がないだけで、岡野氏と前田氏が陣頭指揮をとり個別にメンバーを呼び出して「こんなセリフを言え」、「このメンバーと恋愛関係になれ」と指示。

 岡野氏は同番組でブレークしたHカップグラドルの筧美和子がお気に入りで、胸をわしづかみにするのは日常茶飯事。その一方で、大手食品メーカー・永谷園の一族の令嬢であるシンガーソングライターの永谷真絵にはハウスの入居初日に「永谷園」のフレーズを言わせようとして拒否したため事ある事にキツくあたるようになったという。

 男性キャストで元キックボクサーの宮城大樹は女性を調達して合コンを開くなど、岡野氏に媚びっぱなし。一方、開始当初から唯一のメンバーである俳優の菅谷哲也は辞めたがっているが、その度に岡野氏から壮絶なイジメを受けため、出演者らは裏では「テラスハウスは牢獄です!」と話しているというのだ。 

「一度でも自社の所属タレントを出演させた芸能プロの関係者はなぜか、理由を詳しく語らないが、『もう二度と出したくない!』と口をそろえている。人気番組なのに不可解と思っているところに今回の記事が出てその“暗部”があぶり出された」(芸能プロ関係者)

 同番組についてはこれまでも「フラッシュ」(光文社)が、出演者には“月給”が支払われることや、キスや告白の度に決まった金額の“手当”が支払われることが報じられ、すでに“ヤラセ”であることが垣間見えているが、しっかり口封じができていない出演者はその裏事情をうっかり暴露してしまっているというのだ。

「同番組に出演して顔が知られるようになったある男性キャストが歌舞伎町のキャバクラに来た時の話。仕事の関係者とではなく、プライベートの友達と来たが、店の女の子が番組で恋仲になった女性との関係をあれこれ聞くと『テラスハウスの中とか、車でホテルに行ってSEXした』と酔いも手伝ってかあっさり肉体関係を持っていることを認めたという。店の女の子は薄々そう思っていたとはいえ、どん引きしていた」(テレビ関係者)

 もはや、このままだと、人気絶頂の中、次々に“ヤラセ”が発覚して終了に追い込まれたバラエティー番組「ガチンコ!」(TBS)の二の舞になりかねないが、果たして、「テラハ」だが、1社提供のトヨタ自動車はこのまま見て見ぬ振りをするのかが気になるところだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』