サイゾーpremium  > 連載  > 「水着と下着の考証学」  > [かわいいとセクシーが入れ替わるオンナ]涼川絢音

──ナイスバディなグラビアタレントさんの下着や水着へのこだわりを拝聴し、げに理解しがたきオンナゴコロに迫りませう!!

1406_shitagi_01.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

 このたび、kawaii*からAVデビューしたのですが、デビュー作は、かわいい感じの下着が多かったぁ! もう、自分の好みのものばっかりで、「アレも欲しい! コレも欲しい!」って心のなかで騒いじゃいました。ただ、そんな話を切り出す余裕はありませんでしたけど……。

 下着はすごく好きなんですが、好みにサイクルがあるんですよ。フリフリ全開なのが着たい期間もあれば、セクシーなものを着たい期間もある。そのサイクルは、季節に合わせて変わるとかではなくて、その時の気持ち次第。年に2~3回のペースで到来しますね。

 あんまりブランドにこだわりはないんだけど、買う時はデパートとかが多くて、絶対に試着します。あとしっかりデザインを見て、つけ心地を確かめないと気がすまないから、ネットでは買わないですね。ちなみに出せる金額は、ブラジャーだと上限3600円くらいかな。高いのを1枚ってよりは、数が欲しいなと。

 持っているブラジャーは20枚くらいですけど、クローゼットにしまい込んだり、処分したりで、生き残っている子たちは本当に選抜メンバーって感じ。さらに、そのなかでも入れ替えがあるので 下着AKB状態です。常にセンターに君臨する子は、着心地のいい子。着やすさは、下着を選ぶうえでは絶対に外せないポイントです。デザインは好きでも、自分の胸の形にあってなくて着られないのも、結構ありますよ。今、Eカップなんですけど、このサイズでもデザインの幅が限られちゃったりするんですが、いまより2サイズ上になると、種類がさらになくなるって聞くので、これ以上は大きくならないよう願っています。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』