> 201406の検索結果

201406 の検索結果

連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.25

かつて私を徹底的に排除した東スポと復縁し、 格闘技イベント、林葉直子 ヘアヌードと、どんどん行くぞ!

―― 「東京スポーツ」は、1990年代のヘアヌード黎明期以来、常に私と一緒に歩んできた。当時は、坂本文化部長(現・法務室長)と兵隊・平鍋(現・文化部長)の二人三脚で、エロとスキャンダル、社会と芸能の裏面を主...

かつて私を徹底的に排除した東スポと復縁し、 格闘技イベント、林葉直子 ヘアヌードと、どんどん行くぞ!
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

覚せい剤常習者の影に女あり――伝説の芸能ジャーナリスト考察する、ASKAがシャブとSEXに堕ちた理由

――  昨年夏、「週刊文春」が報じたASKA容疑者の覚醒剤使用報道は、やはり本物だった。覚醒剤取締法違反の疑いでASKA容疑者が逮捕された。報道当初、“厳重に抗議する“という姿勢を見せていたが、抗議する様子...

覚せい剤常習者の影に女あり――伝説の芸能ジャーナリスト考察する、ASKAがシャブとSEXに堕ちた理由
第1特集
モー娘。再ブレイクの裏側!【2】

すべては話題作りのために電通さんが考えた!?モー娘。再ブレイクを演出した4つの"仕掛け"

―― ――見事復活を果たしたモーニング娘。。その裏には、涙なしには語れないこれだけのプロモーション戦略があった!

すべては話題作りのために電通さんが考えた!?モー娘。再ブレイクを演出した4つの
第1特集
モー娘。再ブレイクの裏側!【1】

モーニング娘。再ブレイクは実力かそれとも電通の"陰謀"なのか?

―― ――今秋のコンサートツアーで8代目リーダー・道重さゆみの卒業が発表されたモーニング娘。。97年の結成後、一時はトップアイドルとして君臨したが、00年代後半以降長らく低迷期にあった同グループが再ブレイク...

モーニング娘。再ブレイクは実力かそれとも電通の
ニュース
奇行の貴公子が日本でもやらかした!

なぜオバマ来日に? 靖国参拝で超炎上!J・ビーバー奇行の理由

――  去る4月23日、オバマ大統領の来日、そして世界的に注目された日米首脳会談の裏で、とある世界的ビッグアーティストがお忍びで日本に現れ、当然のように問題を起こし、ちょっとした外交問題を勃発させた。それが...

なぜオバマ来日に? 靖国参拝で超炎上!J・ビーバー奇行の理由
インタビュー
ミッキーとかーくんがタッグを組んだら…?

【大沢樹生×諸星和己】20年のブランクを埋めるオファーに、言葉は要らなかった──2人の男の邂逅

――  ”最後の真のアイドル”とも言われるレジェンド・光GENJIのメンバーであった2人が、20年ぶりの共演を果たした。それぞれの環境の変化や苦難を経て、再び相見えた男たちの心中いかに──。

【大沢樹生×諸星和己】20年のブランクを埋めるオファーに、言葉は要らなかった──2人の男の邂逅
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第6回

実はスマホ後進国の日本――iモードとLINEのせいで日本人が断絶している?

――  猫も杓子もスマホの昨今、毎日のようにアプリや新サービス、新型スマホの話題に事欠かず、スマホビジネスは「儲かるビジネス」の代表格と見られている。ところが、スマホの普及率は、いまだ5割に届いていないのだ...

実はスマホ後進国の日本――iモードとLINEのせいで日本人が断絶している?
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第72回

"キュレーション"に人の手は 不要? アルゴリズム利用の "まとめ"サービス

――  「グノシー」や「スマートニュース」などの新型”キュレーション”サービスがユーザーを集めている。ビッグデータ解析の精緻化によって進んだこうしたサービスは、果たしてインターネットの情報収集でどう機能する...

第1特集
タブー解禁!サイゾー独占インタビュー

【藤井リナ】長き沈黙を破り、真実を告白!ネットを騒がせた幾多のタブーを本人に直撃!

―― れまでテレビやネットなどで、事務所移籍や素行、恋愛にまつわる数々の疑惑が報じられてきた藤井リナ。自身のツイッターやブログでは一切、口を閉ざしてきた彼女だったが、数々の報道は事実だったのか、陰謀だったの...

【藤井リナ】長き沈黙を破り、真実を告白!ネットを騒がせた幾多のタブーを本人に直撃!
ニュース
お疲れ気味の甘利大臣が読売新聞を出禁に!?

日米首脳会談の裏で甘利大臣がぼやき節「TPP交渉、もうイヤ!」

―― 東京都内のコインロッカーが前面使用禁止になるなど、厳戒態勢が敷かれたオバマ大統領の三度目の訪日。しかも今回は前2回とは違って国賓対応となったことで、多くの歓迎式典なども開催され派手な報道もなされた。し...

日米首脳会談の裏で甘利大臣がぼやき節「TPP交渉、もうイヤ!」
インタビュー
「マ○コ!」と叫ぶ清純少女役を熱演

【岩佐真悠子】普段の自分とは真逆の役柄を演じることが、彼女の女優魂に火をつけた!

―― 「こじらせる」という言葉は、物事をやっかいにさせる/もつれさせる、もしくは長引かせるという意味を持つ。昨今では”中二病”というスラングで表現されることもあるが、処女や童貞においてもその言葉は機能する。

【岩佐真悠子】普段の自分とは真逆の役柄を演じることが、彼女の女優魂に火をつけた!
連載
麻生泰「カツラ業界裏奇譚」第5回

コンプレックス商品は"札束風呂"や"エセ宗教"と同じ。発毛グッズに騙されるな!

――  これはカツラ以前のお話かもしれませんが、薄毛が気になり始めた段階で、まず多くの人が飛びつくのが「○○を食べると髪が生える(濃くなる)らしい」といった、”民間療法”的なウワサです。「ワカメをはじめとす...

コンプレックス商品は
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第71回 「秒速物語~地獄篇~」

―― ──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第71回 「秒速物語~地獄篇~」
第1特集
"陰謀論"を検証する10冊

いかにして"陰謀"は作られるのか? 玉石混淆”陰謀論”その真実と虚構のボーダーライン

―― 陰謀論という、なにやら怪しい特集に入る前に、ここでは陰謀論の検証を試みた本や、そもそも陰謀論が生まれたバックボーンなどを解説した本を紹介してみよう――。

いかにして
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
連載
マルサの女

【松浦雅】聖子ちゃんが好きなんです。

―― 「好きな曲が聴きたい」と、自分のiPodをつないでスタジオのスピーカーから流したのは松田聖子のベスト盤。少し大人っぽい印象があるとはいえ、まだまだ18歳の松浦雅さん。高視聴率を記録したNHKの連続テレ...

【松浦雅】聖子ちゃんが好きなんです。
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』