サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 隠された戦後史を検証【日本のいちばん醜い日】
第1特集
公文書で開示されない近代皇室の実像【2】

トンデモ? それとも真実? 隠された戦後史を検証『日本のいちばん醜い日』

+お気に入りに追加

――数多の資料と、長い年月をかけて書かれた『日本のいちばん醜い日』とはいったいどんな本なのか? ここでは、ディープな政治・経済情報に詳しいジャーナリストの鷲尾香一氏が、この分厚くも中身のつまった同書をレビュー。陰謀論では片付けられない(!?)同書の真髄を読み解く──。

1406_archive_09.jpg
『日本のいちばん醜い日』著者/鬼束英昭 出版社/成甲書房 発売年/2007年 価格/3024円

 十数年前に、私は大宅壮一編なる『日本のいちばん長い日』(文藝春秋)を読み、「中佐が二人、少佐が一人」とその「注」を読み、率直に「そんな馬鹿な!」と思ったのである。そして、この不明の人物こそ、「黒幕的な将軍」ではないかと思っていた──鬼塚英昭氏は著書『日本のいちばん醜い日』(成甲書房)を執筆するきっかけをこのように述べている。

『日本のいちばん醜い日』は、1945年(昭和20年)8月14日から15日の2日間に発生した宮城事件を描いたもの。終戦間際、徹底抗戦を叫ぶ陸軍少壮将校たちが昭和天皇の玉音盤の奪取を謀って皇居を占拠したとされるクーデターで、森赳近衛師団長が惨殺された事件だ。

 この事件を取り上げた『日本のいちばん長い日』や同じ事件を扱ったさまざまな書籍・資料において、事件の登場人物、状況に相違があることに鬼塚氏は気付く。それが彼を十数年にわたる思考と検証に旅立たせることになる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載